お気にめすまま

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

結局・・・

自分の興味がある事が、必ずしも他人もそうだとは言えない。

初めて入った、あるパン屋さんでの事。
買い物を終え、精算しようとしていた。

するとそこのご主人。
レジを打つ出もなく、また品物を袋に詰めるでもなく、唐突にある物を目の前に並べ始めた。

それは、ビニール袋に入った3種類の米。

「この中でどれが一番高価な米か分かりますか。」

何だ、何だ。
訳が分からず、ご主人の顔を見る。
ニコニコ笑っている。
その側で、彼の母親らしき人も微笑んでいる。

再び米に目をやる。

「そうですねえ、コレだと思いますが。」

「そうです。それが一番の米です。どうして分かりましたか?」

「一粒一粒が綺麗に精米されいて、透き通った感じがします。」

「精米とは関係ないんですが、それが今年の品評会で一位になった米なんですよ。」

「ああ、そうなんですか。」

私は、急いで米とパン屋の因果関係について考えた。
ひょっとして、クイズに当たればもう一つパンが頂けるのか、とも思ったがどうやらその気配もない。

「この米で作ったパンがあるんですか。」

「いえ、ありません。」

「福島で取れた米なんですか。」

「いえ、茨城で出来た米なんです。」

するってえと、何かい?

「ご自分で?」

「いいえ。」

いったい何なんだ。
何が彼らをこうも夢中にさせるんだ。

「長年米は北魚沼産と相場が決まっていたのが、今度初めてこの米が一位になったんですよ、すごいでしょう。」

嬉しそうにそう説明するパン屋のご主人。
確かに、その栄誉を手にするまでには、一方ならぬ努力があったであろう。

しかし、だからといって、何故今、ここで、米なんだ?


「あのー。精算して頂けますか?」

そのわたしの一言で我に返ったご主人。
それからは通常の業務に戻り、私も無事に買い物を終える事が出来た。

パンは美味しかったです。
特にガーリックパンは絶品です。また食べたいです。

でも、買いに行ったら、再びあの袋を取り出し、
「この中で・・・」
と説明されそうな気がする。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-29 00:31

かわいそうなオバケ柚子

兄嫁から山ほどの柚子を頂いた。
さっそく砂糖漬けの製作に取りかかる。

ただひたすら刻む事1時間。たっぷりの砂糖を入れ、煮る事やはり1時間。

出来たー。
従業員さんや、義母からのお褒めの言葉も頂戴し、さっそくお客様のお膳にお目見えする。
兄嫁ちゃんありがとね。

それとは別に、兄嫁は大きな柚子も2個送ってきた。
そういえばこの柚子オバケ、時期になるといつも実家のカウンターに飾られてある。

という言う事は食べられないのか、あるいは食べられるとしても美味しくないので、仕方なく飾る事にしたのか。

もちろん調理法など知るよしもなく、仕方がないので、とにかく剥いてみた。
あばた面のその下にはとてつもなく厚い綿があり、核の部分は外見からは考えられないほど小さい。

試しに食べてみた。
味は、柚子と夏みかんとハッサクを足して3で割ったような感じ。
決して不味くはない。

しかしほとんどの人は、これを食べたいが為に、わざわざ買ってくるかと言われれば微妙。

やはりここは皮と綿、彼らと勝負すべきであろう。
さて、皮の部分は間違いなく使えるな。
問題は綿の部分である。
しかも、これの占める割合はたぶん7割とみた。
コレを入れるか入れないかで容量、味共に大きな差が出るのは必須。

決断を迫られる。
暫し思案の末、えーいままよと、綿も参加させる事にした。

作り方は柚子と同じだが、失敗した時の事を考え、砂糖を少し控えめにし、出来るだけ被害額の軽減を図った。

出来たー。
少し苦味はあるが、なかなかいけるではないか。
特にあれほど迷った綿の部分が、ふっくらと甘さが染みていて美味しい。
早速従業員さんにも味見をしてもらい、何人かに持って帰るように薦めたが、意外な事に、誰もが迷惑そうな顔をする。

「ちょっと苦いので。柚子は美味しかったんですが。」
「美味しいです。でもここで頂きます。」

そして、誰も持って行かなかった。

可哀想なオバケ柚子の砂糖漬けは、その後誰にも振り向かれずに、最初置いた所にずーと置かれたままだった。
蓋さえしてもらえずに。

「美味しいのにね。」
そう言いながら、一つ二つつまんでいると、徐に立ち上がった主人、なんとパンを持ってきた。

「えー、お腹空いてるの?」

「いや、パンに付けたら美味いかと思って。」

しまった、主人の食欲の手助けをしてしまった。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-27 00:15 | 食べ物

待望の

さて、いよいよスタートした湯本温泉湯の華会によるフラダンス。

老若入り交じりの総勢17人。
この中には女将のみならず、従業員さん達も何人か参加している。

我が家からは、私と娘の他4人もの希望者があり、人数的には最大派閥となっている。

上達した暁には、皆でお客様にご披露したいところだが、娘を除いては、皆私とあまり変わらない年齢の者ばかり。

果たしてお客様の鑑賞に堪えられるだろうか。

いやその前に、体力的に続くかどうかが問題だ。

フラダンスというと、そのゆったりした様子から、一見誰でも出来そうで、体に優しい踊りのように思われがちだが、とんでもない。
結構ハードな奥深いダンスである。

体験レッスンを受けた我が家の従業員さん。
すっかり沈み込んでしまっている。
あの日以来、フラダンスのフの字も口にしない。
忘れた振り付けを聞きに来るか、と思っていたが誰もやってこない。

きっと今は、こんな筈ではなかった、そう思いながら、我が身の衰えと、記憶力の減退を身にしみて感じているのだろう。

さあ、頑張れ、開き直れ。

そして、一年後にはお披露目だ?
[PR]
by iwasomami | 2007-11-25 00:28

食欲の晩秋

午後5時。
少し小腹が空いてはいるが、まもなく夕食の時間、そんな微妙な時間帯に見つけてしまった。

テーブルの上にさりげなく置いてあった、山崎デニッシュロール(メープル&マーガリン)が二つ。

誰だ、こんな所にこんな魅力的なパンを置いたのは。

そんな詮索をするまでもなく、もちろん主人に決まっている。

丁度ついさっき作ったばかりの、柚子の砂糖煮とのコラボレーションを確かめるには打って付けのパンだ。
そう言い訳しながら、端の方を囓ってみる。

思った通り、味がぐんと良くなった。

困ったわ、このままでは夕食が食べられなくなる。
思い切って、パンの袋を閉じた。

ややしばらくして、ふと目をやると、閉じたはずのパンが跡形もなく無くなっている。
誰が食べたんだろう。娘か?主人か?

このままではもう一袋もあっという間に無くなってしまうに違いない。
思い切って二つめの袋に手を付けようか。

しかし、コレは私が買ってきたものではない。
でも。ここに置いてあるものは家族皆の物。
だが、黙って食べてしまっては、さすがに購入者に対して申し訳ない。

ここはやはり、一声かけるべきであろう。

「ねえ、これ食べて良い?」と問う。
「・・・・ウン、・・・・良いよ。」と煮え切らない返事をする主人。

ニュアンスはどうであれ、承諾は得た。
一応遠慮もあるので半分残し、食べてしまった。

美味しゅうございました。ごちそうさま。

そしてついさっき、見つけてしまった。

テーブルの上に、再びデニッシュロール(メープル&バター)が二個置いてあるのを。

そうか、やはり心残りがあったのか。
そりゃそうよね。

ごめん、今日はもう食べないからね。

でも、明日は・・・・食べちゃうかも。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-24 00:01 | 食べ物

こんな事って・・・

久しぶりにスパリゾートハワイアンズに行ってきた。

ここのところ、「アロハタウン」やら「フラミュージーアム」などもオープンし、ぜひ行ってみたいと思っていたところ、更にラン展も開催されるという、言わば一粒で二度美味しい状態だ。

しかし、最大のお目当ては何と言っても「フラダンスショー」。

そこに行く途中、男性ダンサー達の写真が展示されている。
その中で、他の人より、明らかに年長者の写真がある。
名前はken青木。

その人はハワイアンズ生え抜きのダンサーで、長い事ショーを引っ張ってきた人だ。
しかし、残念な事に数年前亡くなってしまい、その訃報に衝撃を感じた人は少なくない。

私もその中の一人で、その後若いダンサー達も頑張っているが、ken青木がいないショーはどことなく寂しい。

その日も写真を眺め、なぜ未だに彼の写真が飾ってあるのかと話していた。そして、
「多分、歴代のダンサーの写真を飾ってあるのね。」
という結論に達した。

さて、いよいよ男性ダンサー達による「ファイヤーダンス」が始まった。

若いダンサーが勢いよく飛び出した。

そして次に出てきた人を見て、驚いた。
いや、驚いたなんてモンじゃない。

亡くなったはずのken青木がいる!
元気で火を操っている。
彼のファンらしいおばさんが立ち上がり、握手なんかもしている。

何が何だか分からない。
分からないけれど嬉しい。
演技を見ているうちに、不覚にも涙が出そうになった。

年を重ねた彼ならばこその、味のあるサービス精神満載の演技だった。

その後フラガール達の演技に入り、リーダー格のダンサーの素晴らしさに酔いしれ、とても幸せな気分になり帰途に着いた。

帰宅後、何がどうしたのか分からずにいる私に主人が、
「亡くなった人は別人だよ、ホラ細面の・・・。」

「あっ、そうだった。思い出した。別人だった。」

長い間、私は勘違いをしていたのだった。
訃報を聞いてから何度もショーを見たが、タイミング悪く、彼のローテーションと合わなかっただけらしい。

しかし、そのお陰で、得も言われぬ感激が味わえた。
亡くなった人に会える喜びなんてそうそう味わえるものじゃない。おっちょこちょいもたまには良いモンだ。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-20 23:52

念願叶って

「無花果」とは実によく考えられた名前だと思う。
その字を見ただけで、その植物の侮れ無さが感じられる。

「落花生」もまた然り。
落花生とは読んで字の如く、花が落ちて生まれる、即ち地面の中に出来るのだろう、と言う事はうすうす気づいていた。

残念な事に、ここいわき市では落花生を栽培している人はほとんどいない。
もちろん種や苗など求めようもないが、一度で良いから落花生を育ててみたいと思っていた。

ところがこの度念願叶い、種(ピーナッツ)が手に入り、6月頃から育てていた。

夏には黄色の小さな花がびっしり咲き、可愛らしくて玄関前に飾って楽しんでいた。
さて、その花も萎み、いよいよお約束の地面への侵入の時が来た。
あの可憐な花が?と思えるほどの変身を遂げていた。
花の元の軸がどんどん伸びてきて、やがてそれは針のように先端が尖り、地面の中に突入していった。

不幸な事に、地面に到達出来なかった軸以外は、何本も何本も地面に刺さっていった。

そして先日収穫の時が来た。

恐る恐る引き抜いてみた。
おおー、落花生だ!
それも鈴なりに。
あっちもこっちも豊作だあ。
たった一粒のピーナッツが50個位に増えた。
それが10株。

早速切り離し、茹でピーナッツとして頂く事にした。
大事に育てた落花生だもの大事にしなくちゃ。
どんなに小さなものも残らず茹でた。

従業員さんとみんなで食べよう。
ワクワクするわ。

茹で終わり、ざるにあける。

??何かおかしい。
あれほどころころしていた落花生が、ざるに移された途端、急激に萎み始めたではないか。

アレも、コレも、アッチもコッチも。
辛うじて萎まなかったものも、割ってみたらカラッポだったりして、結局皿によそったのは。ほんの20個余り。

そんな侘びさの中、みんなで1個ずつ味見をした。
「うん、ピーナッツだな。」

悔しくて、小さなピーナツは殻ごと食べてみた。
味は・・・食糧危機になったら食べるかも知れない。

「女将さん、来年は・・・」

いえ、来年はもう育てません。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-19 00:03

「頑張って」その一言で頑張れる

ひょんな事から、電話帳よりアトランダムに選び出されたお宅にTELをせよ、との任務を受けた。

ガランとした会議室のような所に私と電話だけがある。
決められた時間は1時間。
話す内容は予め決められている。
「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・・どうぞよろしくお願い致します。」

さっそく仕事にかかる。
・・・出ない。

それから何本かかけてみたが留守宅ばかり。
そうか、この時間は家にいる人の方が少ないかも知れないわ。
そんな気のゆるみが訪れた頃、出た!

「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・。」
・・・切られた。

「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・。」
「ああ、今若い人がいないから、私では解らない。」ガチャン。

何故か同じぐらいのタイミングで切られてしまう。
さて、どうしたモンだろう。
このままでは誰にも話を聞いて貰えぬママ終わってしまう。

そこで作戦を変えてみた。
「○○様のお宅ですか?私・・・(用件)お忙しいところ申し訳ございませんでした。」

話の順番を変えただけなのに、それ以後はなんとか最後まで話を聞いて貰えるようになった。

もちろんしぶしぶ聞いているような人もいるが、何人かの人からは、
「解りました。頑張って下さい。」
なんてエールまで頂戴した。

なんていい人なんだ。
思わず、「ありがとうございます。」と心の底からのお礼を言い、電話を切ったが、こんな優しい方のお顔が見たくなった。

思っていた以上に電話は性格が出るものだ。

結局約50軒かけたが、70パーセントは留守だった。
そして、誰一人として、
「はい、○○です。」
と名乗った人はいなかった。

私が子供の頃、電話を受ける時は、先ず自分の姓を名乗りなさいと教わったが、この頃では、自らそんな情報を流すのはあまりにも物騒だ、ということか。

あっという間の1時間だったが、なかなか良い経験をさせてもらった。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-17 23:51

内気だから

開き直りで始めたフラダンス。
早いもので半年が過ぎた。

その間、こんな未熟な私達、いや私にもボランティア、文化祭など、人前で発表する機会は何度もあった。

そんなチャンスをことごとくくぐり抜け、今だに人前でフラを披露をしたことはない。

もちろん、仕事上他の人より練習時間が取れない事も大きな理由の一つではあるが、何よりも今ひとつの最後の開き直りが私には足りないようだ。

そんな折、今度は湯の華会会員で、フラダンスを習う事になった。
大賛成だ。
というより、どちらかというと発起人の側に入るかもしれない。

皆、1年後には人前で発表できるようになりたいと、始まる前から鼻息が荒い。
フラダンスを通して、湯本温泉をアピールしたいと思っている。

そうよね、そう思うわよね。解るわ。
解るけど・・・

今度は同じ土俵上の仲間達。
逃げるわけにはいかないか。
万一の場合、とことん厚化粧をし私だと悟られないようにして、その修羅場を乗り切ろう。

それにしても、若い頃は人一倍覚えが早いと言われていた私。
今や、どれだけ忘れずにいられるかが、私の老化のバロメーターになっている。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-16 00:39

再生

中指の火傷も概ね回復した。

水ぶくれが破れてから後、先走った行動も何とか自制する事が出来、望み通り、最短時間で回復したのではないかと思っている。

実を言うと、ひょっとしたらもう指紋が現れないのではなかろうか、といささか心配であった。
だから破れ目から指紋が見えてきた時には、何という健気さだろうと、指紋に対し、褒めてあげたい衝動すら覚えた。

考えてもみて。
火傷をして、水ぶくれが出来、やがてそれが破れ、そこから以前と同じ指紋が出てくるんですよ。

不思議でしょう?
何が彼(彼女?)をそうさせるのだろう。
誰が指令を出しているのだろう。

というわけで、またもや指紋について調べてみた。
驚いた事に、「指紋」について医学的にその出来方について調べようとしても、なかなか出てこない。

辛うじて、
「指紋とは、汗腺の開口部が隆起した線により出来るもので、怪我などで変わる事はない。」
という説明に行き当たっただけ。

依然として、解ったような解らないような、欲求不満が残ってしまってはいるが、とにかく指紋はこうして変わらず再生した。

そういえば、昔一度だけ指紋を採られた事がある。
お客様の貴重品が紛失したときのこと。

あたかも、我が家の従業員さんが盗ったと言わんばかりのお客様の言い方に、やむを得ず警察に連絡した結果、何人かで指紋を採られたのだ。

その時、「指紋を採られたからには、もう悪い事は出来ないわ。だって指紋から足がつくもの。」と思ったが、あれから20年、未だに私の指紋が決め手になるような事件はおきていない。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-14 00:12

現実逃避願望

電車での楽しみの一つに読書がある。
私の場合、2時間の乗車の場合、最低文庫本2冊は用意する。
実際は1冊で足りるのだが、、万が一、面白くない本にあたってしまった場合の保険として、ジャンルの違うものをもう一冊予備にバッグに詰め込む。

行きに二冊、帰りに二冊、自宅用のお土産代わりにもう二冊。
こうして、帰りのバッグの中には計6冊の文庫本が詰め込まれる。

しかし時として、その大好きな読書の時間すら奪うほどの睡魔に襲われる事がある。

というか、読書と睡魔、両方とも私を一瞬のうちに現地に連れて行ってくれるタイムマシンのようなものである。

それは飛行機に於いても同じ事で、読書、寝る、食べるその合間に映画鑑賞などをしていれば、あっという間に到着。

長い飛行時間も、私にとっては至福の時である。

なぜなら、読書、寝る、食べる、映画鑑賞などどれをとっても私の好きな事ばかり。
苦痛になどなりようもない。

しかし、長い飛行時間の場合2時間で一冊の割合で用意するとなると、トランクの中の多くを本が占める事になる。
その上、帰りの分まで考えるとそれこそ膨大な量を持ち歩かなければならない。

面白い本は何度読み返しても飽きないものだが、さすがに数時間の内に同じ本を読み返す気力はない。
旅行用に、文庫本より小さな本があると助かるのだが、この頃とみに老化しつつある目。
やはりこれ以上小さな文字は苦痛であろう。

ここは一つ、映画鑑賞の時間を増やすか、睡眠時間を増やすしかあるまい。

いずれにしても実生活では考えられない贅沢な悩みである。

あーあ、どっか行きたい。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-11 00:26