お気にめすまま

ブログトップ

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

満月祭

入遠野という町で開催された「満月祭」に行ってきた。

好奇心もさることながら、もしやお客様をお連れ出来たら、喜んで頂けるかもとの、ある意味視察的気分でのお出かけだった。

pm6:30出発。車で走ること20分。
町の入口からシャトルバスが出ているらしく、バス停には予想以上の人達が列を成していた。
ちょっと期待感が高まる。

現場に近づくに連れ、道路の両側に、手作りと思われる灯籠が並び、そこには一つ一つ手書きの句が書かれていた。

その大通り(?)から小道に入る。
一気に道幅2mほどの農道になり、やはり両側に今度は地元の子供達が書いた絵がかいてある灯籠が置いてある。

周りは何にもない。
ただ、灯籠の道が延々と続いているだけ。
残念ながら今日はお月様が出ていなかったが、かえって久しぶりに夜の暗さを味わうことができた。
周りにはたくさんの人達が歩いているが、暗くてやっとシルエットだけが見える程度だ。

暫く歩くと竹篭の実演販売や、包丁研ぎ屋が店を出している。
その他にも色々な店があったが、どの店先も手作りの灯りだけなので、よく見えない。
生憎急いでいたのでさっと通り過ぎてしまったが、時間があればもっとじっくり見て歩きたかった。

そして着いたところは小さなお寺。
その境内で「篠笛コンサート」が始まるという。
こんな狭いお寺によくもこれだけの人が集まったモノだと感心するぐらいの大層な人出だった。

ふと気づくと皆長袖、上着といういでたちで、私のように真夏の延長のような格好出来ている人は誰もいず、今更のように、もう秋なんだなあと感じた。

このお祭りはお勧めです。
先ず、暗闇が良い、不思議と子供の頃に戻る。
仄かな灯りも良い。
手作り感が良い。それも町中総出の感がする。
それでいて、多分綿密な打ち合わせが為されているのだろう、進行がスムーズで気持ちが良い。

出来ればじっくり時間をかけて、もう一度歩いてみたい。
その為にも、このお祭りが長く続くことを願っている。

でも私は旅館の女将。
来年は是非お客様に、この素晴らしさを味わって頂きたい。

多分その時私はお留守番です。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-30 00:18

思っていた以上に気が小さかった

「死亡推定日」を予測するコーナーがあった。

やり方は至って簡単で、名前、生年月日、性別、極簡単な自己性格、体重、身長、食べ物の好み、酒を飲むか、タバコを吸うかを記入するのみ。

たったこれだけで死亡推定日を予測するなんて、無謀としか言いようがないと軽んじながらも、暇だったモノだから、ついやってしまった。

私、81歳まで生きるらしい。
現在の平均寿命よりは短いが、まあそんなところだろう。

そこで辞めておけば良かった。

それならばと、主人や子供達の情報も記入してしまった。

ショック。

「これは遊びだから。ホラ信憑性もないし。」

と、いくら自分に言い聞かせてもだめ。

こんなことでこんなにも動揺するなんて、やらなきゃ良かった。

私と同じネズミの心臓を持った皆さん、決して覗いてはいけません。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-27 23:36

嬉しいような・・・

「お母さん、一緒に買い物に行こうよ。」

娘がそう言った。さらに、

「そしてお母さんの服を選んであげる。」

ホントかあ。

「そんなこと言って、いざとなったら自分の服を買っちゃうんじゃないの?」

「そりゃあ目がいくかも知れないけど、純粋にお母さんの服を見立ててあげたいの。」

それはそれは、嬉しいけど、

「たまにはプレゼントしてあげるよ。」
と言われたらもっと嬉しい。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-26 23:01

そこをなんとか

娘に導かれるまま、「有名人整形疑惑」なるサイトを見た。

あの人も、この人も、まあ、あの方まで?

若い頃は、逆さまつげなど、実生活に不便がある時の治療として、保険を使い、整形というよりも、治療の一環として二重の手術を受ける方法があったが、見ているうちに、治療ならやっても良いかななんて思い始めた。

そこで、私の顔の中で実生活に不便なところはあるだろうか、と探してみた。

先ず目。
決して大きいとは言えないが、そのせいで視野が狭くなっているとは思えない。
垂れ目気味ではあるが、だからといって何の弊害もない。

次に鼻。
高からず高からずの鼻。しかし呼吸には差し支えなくこうして今まで生きてこれた。

皺。
幸い今はさざ波程度のシワしかない。
たとえ今後シワが深くなったとしても、そこに何が溜まる訳でもないはず。
せいぜい汗や涙があみだくじのように曲がりくねって流れ落ちる程度だろう。

口。
何不自由なく話すことができる。

こう考えてみると、どうやら保険で出来る手術はないようだ。
そう思った時、主人が一言。

「アゴがある。長くしゃくれたアゴが邪魔してカップが当たり、飲み物をこぼし、火傷に至る危険性がある、というのはどうだろう。」

そうか、そこがあったか。
そう言えば昔からスイカやトウモロコシを食べるのも苦手だ。
その上、長細いアゴはパンチに弱いとも聞くし。

どうだろう、保険は使えるだろうか。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-24 23:56

他人のそら似

初めて会った方から、
「驚きました、私の従姉妹にそっくりなんです。何故ここに彼女がいるんだろうと思ってしまったぐらいです。」
と言われた。

その時は、ふーん、そんなに似ているひとがいるんだ、と思いながらもすぐに忘れてしまった。

そしてひと月ほど過ぎ、またその方とお会いする機会があり、再び、
「本当に似ているんです。こうしてお話しをしていても、何か不思議な感じがするんです。」

そこまで言われると、俄然興味がわいてきた。

「次回いらっしゃる時には是非写真を持ってきて下さい。」

そう答えたが、一抹の不安がないでもない。

以前も書いたように、私自身は自分の顔はが「もたいまさこ」と「光浦靖子」を足して2で割ったようだと思っている。

もし、その方がそのような顔だったら、当分立ち直れないだろう。

そんな思いが頭をよぎり、思わず、

「出来れば写真写りの良いものをお願いします。」

と言い足した。

そんな彼女の写真、見たいような見たくないような・・・
[PR]
by iwasomami | 2007-09-23 00:03

ボーリング大会

従業員親善ボーリング大会を開催した。

私にしてみれば実に6年振り、従業員さんの中には生まれて初めてボールを握る人もいる。
年齢も20代から70代までと、何ともバラエティーに富んだ面々である。

さて久しぶりのボーリング場。
その独特な雰囲気の中、先ずはボールを選ぶ。

6年前が確か10ポンドだったのだから、加齢による体力の衰えも考慮し、今回は9ポンドにしてみよう。

ずらりと並んだオレンジ色の9ポンドボール。
先ず1つめを手に取る。

重さは良いけど指穴が小さい。
隣はどうかしら。

あら、これもきつい。
次は?そうこうしながら全部確認する。
全てきつい。

仕方がないので、小豆色マーブル柄の10ポンドの棚へ向かう。
驚いたことに、全部、全て、パーフェクトに指穴が小さすぎる。
というか、指が太すぎると言うべきか。

最終的に11ポンドの紫色マーブル柄に決定。
20代の頃と同じ重さに、この老骨が耐えられるだろうか。

不安なまま始まった大会。

結果、ハイスコアーをたたき出すことが出来た。
そのアベレージ109ピン。
109ピンが最高とは、なんとレベルの低い闘いだった事か。

年齢等を加味し、それなりのハンデも与えているこの大会、このレベルでいくと、次回は誰が優勝するか皆目見当がつかない。

因みに、ゴールドのマーブル柄のボールがレーンの上を転がっていると梨に、緑のボールはスイカに見えて仕方がない。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-20 17:32

猫から得た教訓

近所の猫が、また子供を生んだようだ。

あら、なんだかお腹が大きいようだわ、と思うまもなく出産と相成ったらしい。

4匹の子猫が生まれたと言うことだ。

その親猫だが、産後の経過も良いようで、相変わらず暇さえあれば我が家の周りをうろついている。

何気なくそんな彼女を見ていて、以前と著しく違っているところを発見。

出産太り、というかお腹のたるみがすごい。
歩く度にゆさゆさ揺れている。

今回は何度目の出産になるのかよく覚えてはいないが、最初の頃はそれほど酷くはなかったと思う。

多分度重なる出産が彼女を太らせたに違いない。
人間なら慌ててダイエットにはしるところだが、そこはやはり猫。
そのまま放っておいた結果、こうなってしまった。

「人のふり見て我がふり直せ」
この言葉は、たとえ相手が人間じゃなくとも通じるんだなと改めて反省した次第である。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-17 23:38

本心は?

先日紛失したおにぎりは相変わらず出てこない。

まったく神隠しにでも遭ったかのようだ

そんな折り、主人が再びレンジの中におにぎりを入れ、チンしていた。
「どうにも納得がいかないので、もう一度同じ事をしてみるんだ。」そうな。

そうすることにはたして意味があるのか無いのか解らないが、まあそれも良かろうと見守る事にした。

勿論しばらくの間それはそのまま、消えることなくそこにあった。

ところが、ふと気になって見に行くと、見事に無くなっているではないか。

「おお、消えている。」

さっそく主人に報告する。

「食べた。」


もしかして、おにぎりが食べたいが為のエピローグだった?
[PR]
by iwasomami | 2007-09-16 00:09

おにぎりヤーイ

昨日は久しぶりに家族3人で外食した。
思いがけず、お客様が早くお着きになって、急きょ出かけようか、となった次第である。

帰宅してまもなく、
「おにぎり、何処にあるか知らない?」
主人が唐突にそう尋ねてきた。

「おにぎりがあったことすら知らなかった。どうしたの?」

「おにぎりを食べようとしてレンジで温めたんだけど、突然外食することになったものだから、そのままになちゃったんだよ。思い出して見てみたらそれがないんだ。知らない?」

「知らないけど、もしかしたらレンジに入れたつもりで、その上にあるトースターにでも入れちゃったんじゃないの?」

主人、見に行く。

「無い。」

「後で食べるつもりで冷蔵庫か冷凍庫にでも入れたんじゃないの?」

「そこも探したけど無い。」

「その辺の棚は?何気なく置いちゃう事ってあるよ。」

「どこにも無いんだ。」

私も探してみるが、やはり無い。
どこに消えてしまったんだろう。

そして今朝、

「どうしても気になる。いったいあのおにぎりは何処にいっちゃったんだろう。」

まだ探していた。
しかしそう言われると、確かに不思議だ。
何処にあるんだろう、主人のおにぎり。

その後も暫く探していたようだが、今はもう半ば諦めかけている。

「そのうちひょんな所から、真っ黒に黴びたおにぎりが出てくるんだろうな。」

それが怖いと言う主人だが、

「まさか、自分で食べてしまったのに、忘れちゃったんじゃないだろうか。」

それが怖いと思う私だった。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-14 00:26

時代が変われば・・・

初めて行った外国はアメリカ、というかハワイだった。
今から30年以上も前のこと。

全添乗員同行という物々しさのそのツアーに参加していたのは、昔で言えば大店の大奥様達。

そんな立場の人達がご近所からお餞別を頂き、一種のステイタスを感じながら出かけ、帰りにはお土産をどっさり抱えて帰るのが当時の正しい海外旅行の在り方だっただったと思う。

それならば、それ以前の人達の海外旅行に対する思いとはどのようなもだったのだろうか。。

我が家の本棚に昭和42年初版、「世界旅行あなたの番」という本がある。
サブタイトルには、「5万円からの渡航術」とあり、格安旅行をねらえば、現在でも充分可能な金額である。

近頃本やに於かれているその手の本と違い、カラーページは巻頭の4ページのみ。

それから先は、活字の好きな私でさえ思わず目を背けたくなるような細かな字で埋め尽くされている。
今では到底あり得ない構成だと思う。
反面、それほど非現実的な事であったのがよくわかる。

その中で先ず驚いたのが、「アジアの国々」の最初に紹介されている「沖縄」。
言葉に不自由しない外国、と紹介されている。

そうか、沖縄は外国だったんだ。
改めて沖縄の戦後の歴史を考えさせられた。

How to 記事としては、
お金のない時は、友人に頼んで、後援会を開催してもらおう。
資金バザーや送別会を開いてもらえば、幾ばくかの資金がえられよう。
そして、そこに現れる大人達は、何ほどかの餞別を持ってくるのが通例であり、それは思いもかけぬ大金になる。
と指導されている。

それほど大変なことだったのね。

読み始めてみれば、なかなかに面白そう。
別項目には、「デートの仕方」なんてものもある。

ここは一つ、老眼と上手く付き合いながら、読んでみるか。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-11 01:00