お気にめすまま

ブログトップ

カテゴリ:こんな私( 55 )

言い訳

前に私が値引き交渉に敗れた時の事を書いたが、案の定娘のひんしゅくをかってしまった。

でもまあ、娘の気持ちがわからないではない。
私も娘だった頃、母がデパートで私を大声で呼んだりすると、恥ずかしくてチョット母を叱ったりしたし、父が喫茶店で、コーヒーの代金を、小銭を並べて支払ったりするのを、とても恥ずかしい思いで見ていたり、そんなような事はいっぱいあった。

なぜ、娘は親のこんな姿を見るのが嫌いなんだろう。
他人が同じ事をしても、大して気にはならないのに。

思うに、多分娘というものは、潜在的に(別に潜まなくてもいいけど)親が好きなんだろう。
好きな人には、いつも素敵なままでいて欲しいものなのに、親はそんな娘の気持ちにはお構いなしに、どんどんおばさんやおじさん化してゆき、好き放題に暴走してしまうのだ。

世の娘達よ、もう少し辛抱して親につきあってみてごらん。そのうちきっと慣れるから。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-12 00:11 | こんな私

妙に楽しい

昨日車に乗るときに、膝を思い切りドアにぶつけた。
あまりの痛さに、頭がジンジンした。
ジーンズを履いていたので、どうなっているのかよく解らなかったが、家に帰って見てみると、少し腫れている。
たいしたアザではないが、なんとなく足がだるい。
そして今日、腫れはまだひかず、アザは青から赤に変わり、5倍ぐらいの大きさになっている。そして位置がやや下がってきていた。

数年前、やはり太ももを打撲したことがある。
その時は、約半月ほどかけて、アザがだんだん下りてきた。
そうなると、くるぶしまで下りるのが早いか、途中で消えるのが早いか、毎朝目が覚めて確認するのが楽しみになっていた。
やがて、アザはくるぶしを通り過ぎ、地面すれすれまできて、横に広がり、やがて消えた。

今回はそれほどひどくはないものの、雰囲気としては前回と似ている。
いっそのこと足に目盛でもつけて、どこまで下りてくるか、みんなで賭でもしようなどと、密かに考えている。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-08 21:17 | こんな私

疲れたー

あるお店での出来事。
一人のお客様が、店長さんらしい人に
「9980円の品物を買いたいが、お金が足りなくなってしまったので、どうか9450円におまけしてもらえないだろうか。」
と言っていた。見ると彼女の右手にはお札で7000円、左手にはたくさんの小銭を持っていた。それが彼女が今持っている全財産だった様子。
店長さんが、
「申し訳ないんですが、値引きはいっさいしておりませんので。」
と断ると彼女は、
「ちょっと待っててね。」
と言って、表に止めてあった自分の車に戻り、しばらくして又戻ってきた。
「よく探してみたら、9750円あったの。これでどうですか。今日はもう時間がないし、出直す暇もないから。どうしても今買って帰りたいし。」
と再度お願いしていた。
しかし、店長さんは
「でも、規則ですから。」
と言って、とうとう値引きには応じなかった。

御推察の通り、その女性とは私のことで、リサイクルショップでの事でした。
生まれて初めて値引きの交渉をし、それを断られたことにも傷つきましたが、それよりも、心までおばさんになってしっまた自分自身にショックを覚えています。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-08 00:57 | こんな私

打倒、悪玉

今日もまだ昨日の検査の結果を引きずっている。
ここだけの話、私の通知書には実はもう一言、「高脂血症の疑い」の文字が書いてあったのだ。

さあいよいよ気合いを入れて、悪玉と闘わなければ。

先ず、今朝の朝食
今まで厚さ0.5㎜つけていたコレステロール3分の1バターを、0.3㎜にし、サラリアマヨネーズを、同じく0.3㎜つけたトースト1枚。
ピロリ菌を退治してくれるヨーグルト1個、以上。

10時のおやつ
ホットミルク1杯。

昼食
茶碗半分のご飯、ワカメ、なす焼き生姜醤油掛け1.5個。

3時のおやつ
「1日分の野菜」1本。

そして夕食
お寿司(マグロ、紅鮭、たこ、イクラの軍艦巻きの下だけ、鰺、それぞれ一個づつ)
湯葉入り豆腐半分、キムチ約大さじ5杯、以上。

夜食(予定)
「1日分の野菜」1本。

我ながら、情けないメニューになってしまった。
もともとあまりたくさん食べる方ではないので、量的にはあまり不満はないが、なんせ食卓に華が無さ過ぎる。

いつまで続くか解らないが、まあそのうち慣れてくるだろう。毎日寝る前に、こんな事を考えていたら、体よりも、記憶力の方が先に、回復するかも。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-02 20:25 | こんな私

努力不足を棚に上げ

「好きな時間に聞き流すだけで、英語が話せるようになる」
ウブだった頃、こんな殺し文句に誘われて、お試しセットを手に入れたことがある。

「聞き流す・・」という言葉には、BGM的に流れてくる英文が、いつの間にか頭に入ってくる、というイメージがある。
ところが現実は、読んで字の如く、聞いても聞いても次々と流れ去ってしまう。
結局、この教材は、英語というものは、何度も同じ文章をrepeat after me的に繰り返してやっと覚えれるものだということを再認識させるものだった。

それより昔、「speaking アメリ缶」という教材を買ったことがあったが、これの良いところは、リズムに乗って英文を覚えるというもので、なかなか覚えやすかった。
しかし、その音楽がないと出てきにくいという欠点があったが、「聞き流す・・」よりは私に合っていた。

よけいなお世話かもしれないが、「聞き流す・・」のネーミングを「毎日最低2時間はこのテープを聴き、反復練習を30回以上は繰り返すと、いつの間にか英語が話せるようになる」というふうに変えては頂けないものだろうか。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-30 00:23 | こんな私

捨てられなかった物

トースターが壊れた。壊れたとは言っても、実は5-6年ぐらい前から、あちこち不具合はあった。
まず、タイマーの赤いリボンが見えなくなった。
でも、窓から焼け具合を見ていれば用は足せるので、その場を動けない、という不便さはあっても何とかなっていた。
このトースターは嫁入り道具の中で、最後まで残っていた電気製品だった。
暮れが近づくと、隅から隅まできれいに掃除をし、何とはなしに昔の思い出に耽るのが通例だった。

ところが、去年あたりから、天井の反射板が壊れたのか、焼け跡が、幅2㎝ぐらいの線だけになった。
少しでも焼ける部分を多くしようと、食パンは対角線に置き、ある程度焼けたら、対角線を反対に、早い話、×の字に焼いて使っていた。
それでも、何となく捨てられず、捨て時を模索していたが、最近、偶然にもトースターが手に入った。
さすがにここが潮時と、思い切って交換した。
すごい、見張ってなくてもちゃんと時間が来れば自然にトーストが出来る、しかも×じゃなく均等に焦げ目が付く。
ちょっと感動です。
不便を経験した者だけが味わえる醍醐味です。
長い間苦楽を共にしたトースターは、明日捨てます。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-15 23:51 | こんな私

潜在意識

主人が、自分の名前を検索していたので、私も負けずに検索してみた。先ず、目に飛び込んできたのが、
 ・「日本の女優、アイドル写真館、写真集4000円」     いつのまに撮られた?
 ・「DELUXEプレイボーイ」値段なし。
 ・「永遠のビーナス」値段なし
    永遠って、年令のことではないですよね。

ここまで同じような系統に名前が出ていると、ひょっとして進む道を間違えたのかなと、思ってしまう。
なお進んでみよう。
 ・「珠算連盟コンクール結果」
 ・「○○記念講堂」
 ・「年会費納入のお願い 2000円」?

この辺は私が歩んできた道と、それほどかけ離れてはいない。 と安心していたら、あらら
 ・「○○のおたく女装日記」

コメントが浮かびません。

姓名判断って本当に信憑性があるのだろうか。             
[PR]
by iwasomami | 2006-07-09 23:45 | こんな私

ギャップ

ふと思い立って、逆立ちをしてみた。
一抹の不安はあったものの、十分な自信があった。
高く手を挙げ、足を思い切り蹴り上げた。
痛い。
太ももの裏側がつった。手首が、手首が。
一度で止めた。体第一ですもの。
思えば、最後に逆立ちをしたのは、15年ぐらい前だった。何年かぶりだったが、以前と同じように出来たので、今度も大丈夫だと思ったが、知らず知らずのうちに老いが忍び寄って来ていた。
そういえば、20年前には鉄棒で、逆上がりや片足回転も出来ていたが、今ではもう無理なのだろうか。
機会があればぜひ挑戦してみたい。
逆立ちだって、次回はしっかり準備運動をしてから臨みたい。
と考えつつ、手足にバンテノンを塗り、腰にほっかほっかを張っている。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-04 23:23 | こんな私

ヘルプ ミー 

年々年をとるスピードが早くなっている。以前は1年に1歳ずつ年をとっていたのが、いつの頃からか1年に2歳ずつ年をとっている。
と言うことは2年で覚えれば良かったものを、1年で覚えなければいけない、と言うこと?そう考えればこの頃の記憶力の低下にも納得出来る。
対抗策として、ア行、カ行で固有名詞を記憶することがある。あの人は確かサ行だったな、と言う風に。今まで何度かこの方法で急場をを凌いできた。

私の好きな映画の一つに「ムーランルージュ」がある。大好きなのに題名が覚えられない。そこでマミムメモ、マミムメモ、マミムーランルージュとなるわけである。ところが今回は何度繰り返しても出てこない。少し焦る。しばらくして娘から「お母さんナニヌネノじゃないよ。」と指摘された。マ行をナ行と間違えた。あ~、参った。
しかし私の身近な人たちは「ほら、あれ、あの、ねっ」でたいていのことは理解してくれるのに。       我が娘の推理力のなさに悲しさをおぼえる。
[PR]
by iwasomami | 2006-06-26 00:38 | こんな私

密かな努力

ひどい口内炎が出来てしまった。不愉快なことこの上ない。先日の歯の荒療治の副産物である。治療が終わった後看護婦さんが「治療後の注意はいつもの通りです。解りますよね。」と説明を省略したせいである。そして「はい、もちろん。」と考え無しに答えてしまった私のせいでもある。
その10分後食事をしてしまい、何度もかんでいたらしいが全くそれに気づかなかった。痛い、と感じたのは麻酔がきれた2時間後。
唇に近いところにできてしまったせいで、うまく発音できない。この商売に欠かせない笑顔が作れない。もともとへの字口だったのを努力で作りあげたスマイルだったのに。さらに、いつもしていた頬を引き上げる運動もできず、心なしかたるんでいるような気がする。
そういえばピアニストが「練習を1日さぼれば腕が落ちたことに自分が気づき、2日目にはそばにいる人が気づく。そして3日目には聴衆が気づく。」と言っていたことを思い出す。
どうかみんなが気づく前に早く直りますように。
[PR]
by iwasomami | 2006-06-22 00:32 | こんな私