お気にめすまま

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 178 )

こんな事って・・・

久しぶりにスパリゾートハワイアンズに行ってきた。

ここのところ、「アロハタウン」やら「フラミュージーアム」などもオープンし、ぜひ行ってみたいと思っていたところ、更にラン展も開催されるという、言わば一粒で二度美味しい状態だ。

しかし、最大のお目当ては何と言っても「フラダンスショー」。

そこに行く途中、男性ダンサー達の写真が展示されている。
その中で、他の人より、明らかに年長者の写真がある。
名前はken青木。

その人はハワイアンズ生え抜きのダンサーで、長い事ショーを引っ張ってきた人だ。
しかし、残念な事に数年前亡くなってしまい、その訃報に衝撃を感じた人は少なくない。

私もその中の一人で、その後若いダンサー達も頑張っているが、ken青木がいないショーはどことなく寂しい。

その日も写真を眺め、なぜ未だに彼の写真が飾ってあるのかと話していた。そして、
「多分、歴代のダンサーの写真を飾ってあるのね。」
という結論に達した。

さて、いよいよ男性ダンサー達による「ファイヤーダンス」が始まった。

若いダンサーが勢いよく飛び出した。

そして次に出てきた人を見て、驚いた。
いや、驚いたなんてモンじゃない。

亡くなったはずのken青木がいる!
元気で火を操っている。
彼のファンらしいおばさんが立ち上がり、握手なんかもしている。

何が何だか分からない。
分からないけれど嬉しい。
演技を見ているうちに、不覚にも涙が出そうになった。

年を重ねた彼ならばこその、味のあるサービス精神満載の演技だった。

その後フラガール達の演技に入り、リーダー格のダンサーの素晴らしさに酔いしれ、とても幸せな気分になり帰途に着いた。

帰宅後、何がどうしたのか分からずにいる私に主人が、
「亡くなった人は別人だよ、ホラ細面の・・・。」

「あっ、そうだった。思い出した。別人だった。」

長い間、私は勘違いをしていたのだった。
訃報を聞いてから何度もショーを見たが、タイミング悪く、彼のローテーションと合わなかっただけらしい。

しかし、そのお陰で、得も言われぬ感激が味わえた。
亡くなった人に会える喜びなんてそうそう味わえるものじゃない。おっちょこちょいもたまには良いモンだ。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-20 23:52

念願叶って

「無花果」とは実によく考えられた名前だと思う。
その字を見ただけで、その植物の侮れ無さが感じられる。

「落花生」もまた然り。
落花生とは読んで字の如く、花が落ちて生まれる、即ち地面の中に出来るのだろう、と言う事はうすうす気づいていた。

残念な事に、ここいわき市では落花生を栽培している人はほとんどいない。
もちろん種や苗など求めようもないが、一度で良いから落花生を育ててみたいと思っていた。

ところがこの度念願叶い、種(ピーナッツ)が手に入り、6月頃から育てていた。

夏には黄色の小さな花がびっしり咲き、可愛らしくて玄関前に飾って楽しんでいた。
さて、その花も萎み、いよいよお約束の地面への侵入の時が来た。
あの可憐な花が?と思えるほどの変身を遂げていた。
花の元の軸がどんどん伸びてきて、やがてそれは針のように先端が尖り、地面の中に突入していった。

不幸な事に、地面に到達出来なかった軸以外は、何本も何本も地面に刺さっていった。

そして先日収穫の時が来た。

恐る恐る引き抜いてみた。
おおー、落花生だ!
それも鈴なりに。
あっちもこっちも豊作だあ。
たった一粒のピーナッツが50個位に増えた。
それが10株。

早速切り離し、茹でピーナッツとして頂く事にした。
大事に育てた落花生だもの大事にしなくちゃ。
どんなに小さなものも残らず茹でた。

従業員さんとみんなで食べよう。
ワクワクするわ。

茹で終わり、ざるにあける。

??何かおかしい。
あれほどころころしていた落花生が、ざるに移された途端、急激に萎み始めたではないか。

アレも、コレも、アッチもコッチも。
辛うじて萎まなかったものも、割ってみたらカラッポだったりして、結局皿によそったのは。ほんの20個余り。

そんな侘びさの中、みんなで1個ずつ味見をした。
「うん、ピーナッツだな。」

悔しくて、小さなピーナツは殻ごと食べてみた。
味は・・・食糧危機になったら食べるかも知れない。

「女将さん、来年は・・・」

いえ、来年はもう育てません。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-19 00:03

「頑張って」その一言で頑張れる

ひょんな事から、電話帳よりアトランダムに選び出されたお宅にTELをせよ、との任務を受けた。

ガランとした会議室のような所に私と電話だけがある。
決められた時間は1時間。
話す内容は予め決められている。
「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・・どうぞよろしくお願い致します。」

さっそく仕事にかかる。
・・・出ない。

それから何本かかけてみたが留守宅ばかり。
そうか、この時間は家にいる人の方が少ないかも知れないわ。
そんな気のゆるみが訪れた頃、出た!

「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・。」
・・・切られた。

「○○様のお宅ですか?お忙しいところ申し訳ございません。私・・・。」
「ああ、今若い人がいないから、私では解らない。」ガチャン。

何故か同じぐらいのタイミングで切られてしまう。
さて、どうしたモンだろう。
このままでは誰にも話を聞いて貰えぬママ終わってしまう。

そこで作戦を変えてみた。
「○○様のお宅ですか?私・・・(用件)お忙しいところ申し訳ございませんでした。」

話の順番を変えただけなのに、それ以後はなんとか最後まで話を聞いて貰えるようになった。

もちろんしぶしぶ聞いているような人もいるが、何人かの人からは、
「解りました。頑張って下さい。」
なんてエールまで頂戴した。

なんていい人なんだ。
思わず、「ありがとうございます。」と心の底からのお礼を言い、電話を切ったが、こんな優しい方のお顔が見たくなった。

思っていた以上に電話は性格が出るものだ。

結局約50軒かけたが、70パーセントは留守だった。
そして、誰一人として、
「はい、○○です。」
と名乗った人はいなかった。

私が子供の頃、電話を受ける時は、先ず自分の姓を名乗りなさいと教わったが、この頃では、自らそんな情報を流すのはあまりにも物騒だ、ということか。

あっという間の1時間だったが、なかなか良い経験をさせてもらった。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-17 23:51

内気だから

開き直りで始めたフラダンス。
早いもので半年が過ぎた。

その間、こんな未熟な私達、いや私にもボランティア、文化祭など、人前で発表する機会は何度もあった。

そんなチャンスをことごとくくぐり抜け、今だに人前でフラを披露をしたことはない。

もちろん、仕事上他の人より練習時間が取れない事も大きな理由の一つではあるが、何よりも今ひとつの最後の開き直りが私には足りないようだ。

そんな折、今度は湯の華会会員で、フラダンスを習う事になった。
大賛成だ。
というより、どちらかというと発起人の側に入るかもしれない。

皆、1年後には人前で発表できるようになりたいと、始まる前から鼻息が荒い。
フラダンスを通して、湯本温泉をアピールしたいと思っている。

そうよね、そう思うわよね。解るわ。
解るけど・・・

今度は同じ土俵上の仲間達。
逃げるわけにはいかないか。
万一の場合、とことん厚化粧をし私だと悟られないようにして、その修羅場を乗り切ろう。

それにしても、若い頃は人一倍覚えが早いと言われていた私。
今や、どれだけ忘れずにいられるかが、私の老化のバロメーターになっている。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-16 00:39

再生

中指の火傷も概ね回復した。

水ぶくれが破れてから後、先走った行動も何とか自制する事が出来、望み通り、最短時間で回復したのではないかと思っている。

実を言うと、ひょっとしたらもう指紋が現れないのではなかろうか、といささか心配であった。
だから破れ目から指紋が見えてきた時には、何という健気さだろうと、指紋に対し、褒めてあげたい衝動すら覚えた。

考えてもみて。
火傷をして、水ぶくれが出来、やがてそれが破れ、そこから以前と同じ指紋が出てくるんですよ。

不思議でしょう?
何が彼(彼女?)をそうさせるのだろう。
誰が指令を出しているのだろう。

というわけで、またもや指紋について調べてみた。
驚いた事に、「指紋」について医学的にその出来方について調べようとしても、なかなか出てこない。

辛うじて、
「指紋とは、汗腺の開口部が隆起した線により出来るもので、怪我などで変わる事はない。」
という説明に行き当たっただけ。

依然として、解ったような解らないような、欲求不満が残ってしまってはいるが、とにかく指紋はこうして変わらず再生した。

そういえば、昔一度だけ指紋を採られた事がある。
お客様の貴重品が紛失したときのこと。

あたかも、我が家の従業員さんが盗ったと言わんばかりのお客様の言い方に、やむを得ず警察に連絡した結果、何人かで指紋を採られたのだ。

その時、「指紋を採られたからには、もう悪い事は出来ないわ。だって指紋から足がつくもの。」と思ったが、あれから20年、未だに私の指紋が決め手になるような事件はおきていない。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-14 00:12

現実逃避願望

電車での楽しみの一つに読書がある。
私の場合、2時間の乗車の場合、最低文庫本2冊は用意する。
実際は1冊で足りるのだが、、万が一、面白くない本にあたってしまった場合の保険として、ジャンルの違うものをもう一冊予備にバッグに詰め込む。

行きに二冊、帰りに二冊、自宅用のお土産代わりにもう二冊。
こうして、帰りのバッグの中には計6冊の文庫本が詰め込まれる。

しかし時として、その大好きな読書の時間すら奪うほどの睡魔に襲われる事がある。

というか、読書と睡魔、両方とも私を一瞬のうちに現地に連れて行ってくれるタイムマシンのようなものである。

それは飛行機に於いても同じ事で、読書、寝る、食べるその合間に映画鑑賞などをしていれば、あっという間に到着。

長い飛行時間も、私にとっては至福の時である。

なぜなら、読書、寝る、食べる、映画鑑賞などどれをとっても私の好きな事ばかり。
苦痛になどなりようもない。

しかし、長い飛行時間の場合2時間で一冊の割合で用意するとなると、トランクの中の多くを本が占める事になる。
その上、帰りの分まで考えるとそれこそ膨大な量を持ち歩かなければならない。

面白い本は何度読み返しても飽きないものだが、さすがに数時間の内に同じ本を読み返す気力はない。
旅行用に、文庫本より小さな本があると助かるのだが、この頃とみに老化しつつある目。
やはりこれ以上小さな文字は苦痛であろう。

ここは一つ、映画鑑賞の時間を増やすか、睡眠時間を増やすしかあるまい。

いずれにしても実生活では考えられない贅沢な悩みである。

あーあ、どっか行きたい。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-11 00:26

罪な人

このところ、さすがにビリーズブートキャンプの効果が薄れつつあるようだ。
約3ヶ月もご無沙汰しているのだから、仕方がないか。
いや、ある意味ここまで保ったことを称えるべきかも知れない。

そんなところに、主人がエクレアを買ってきた。
別に食べなさいと薦められたわけではないが、気になって仕方がない。
しかし、今この時期にエクレアはマズイだろう。

では、何を食べればこの気持ちをごまかす事が出来るか。

そうだ、先日頂いた渋柿で、久しぶりにぬき柿を作っていたが、そろそろ食べ頃かも知れない。

ぬき柿とは、渋柿のヘタのところを取り除き、そこに焼酎を付け、密封させ暗いところに一週間から10日ほど置いて甘柿に変身させた柿のことである。
その代表的なものに、会津の見知らず柿がある。

そういえば、今日で丁度7日めだ。

固くて甘い柿が好きなので、時期的には少し早いぐらいが丁度良いんじゃないかな。

中でも一番色が付いた見栄えの悪いものを一つ取り出し、おっかなびっくり口にした。

きゃー、出来てる。
美味しい。

側にいた娘にも勧め、二人で美味しいねえと言いながらあっという間に完食。

次に、隣の部屋にいた主人に、
「信じられないぐらい良くできたの、食べる?」

その甘い誘いに乗り、主人ものそのそやって来た。

2番目に色づきの良い柿を選び、むいて差し出す。
ついでに私もお相伴、とばかりに一口パクリ。

「し、渋い!」
こんな筈じゃなかった。

二口目はその中でも色が濃いところを食べてみる。
やはり渋い。

3口目は、その色の濃いところの、それもヘタの反対側を舐めてみる。

ダメだ。
最初の一口目の渋さが口に残っていて、ますます酷さがエスカレートしてきた。

そしてとうとう・・・捨てた。

この渋を取るには、アレしかない。

こうして禁断のエクレアに手を出してしまったわけで・・・。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-08 23:34

反面教師

家族3人で外食に出かけた。

先日来楽しみにしていた、イタリアンが主流のコース料理と決めてのお出かけだった。

コース料理とはいえ、2500円という格安なプランである。

先ず、前菜、次に本日のスパゲッティー、サラダ、スープ、魚料理、パン又はご飯、デザート、飲み物、という順に出てくるらしい。

それに先立ち、数あるスパゲッティーのメニューから、好みの物を選べるという。
これは嬉しい事だ。

さて、とメニューを見ていると、係りの方が、
「○○と△△と××スパゲッティー・・」

おっ、私の好きな種類ばかり。
「・・・以外の中からお選び下さい。」

あっ、そうなの。

気を取り直し、改めてメニューを眺める。
そしてようやく決めた3種類のスパゲッティー。

ところがウエイトレスさんが直ぐ戻ってきて、
「申し訳ないですが、1種類にまとめて貰えませんか。」

えっ、まとめなくちゃいけないの?
仕方なく、その中の一つをオーダーする。

この時点で、なんだかなー、という気持ちになってしまったが、でも、ほら、2500円だから。

待つ間、ふとテーブルの片隅を見ると、
「コース料理を召し上がったお客様には、お一人に付き、1500円のお食事券を差し上げます」
と書いたカードがあった。

「ねえ、これすごいね。次回来たら1000円でこのコースが食べられるのかな。」

そんな事を話しながら食事が進んで、いざお会計。
お約束通り、1500円の食事券を3枚いただいた。

ところが良く見ると、その券は小さく区切られており、バスの回数券の様になっている。
そして、次回利用出来るのはその内の1枚だけだという。

あらら、そう言う事。

感想としては、お料理はまあまあだったけれど、その他の面で、イマイチだと思う。

しかしながら、同じお客様商売を生業としている私にとっては、とても勉強になるお店だった。

今の経営者は3代目だと聞くが、たぶん創業者は高級感のある店にしたかったのであろう。
箱物はわりあいしゃれているが、2代目3代目になるに連れ、だんだん庶民的になってきたような気がする。

備品やレイアウトが安っぽく、乱雑さすら感じる。
その結果、何とも言えずアンバランスなお店になってしまった。

これは決して他人事ではない。
往々にして、自分の事は気づかないものだから、もし、我が家にお泊まりになって、そのような落ち着かない気分になったとしたら、お願いです、そっと耳打ちして下さい。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-06 23:52

誘惑

そこはじっと我慢していた方が良いと解っていてもつい・・・と言う事があるでしょう。

私はしょっちゅうある。

乾き始めた傷口を掻いて剥がしてしまう。
治りかけの虫さされの痕を掻いてしまう。
指のささくれをむしってしまう。

やっちゃいけないと思いながら、つい誘惑に負け深みにはまってしまう。

先日火傷をした中指の先。
そこに出来た水ぶくれ。
指で押してみるとプクプクして、どうにも気になって仕方がない。
危ない危ない、往々にしてこんな時に魔が差すものだ。

今度こそ前述のような馬鹿な事はするまいと心に誓う。
そして出来れば最短時間で完治させたい。

つまり見えるからいじりたくなるのだ。
それなら見えなくし、その上触れなければ完璧だ。

と言うわけで傷絆創膏を貼る。
それにしても指先に絆創膏というのはとても貼りにくく、あっという間に剥がれ始める。

すると今度はその絆創膏を剥がしたくなる。

いけない、いけない。
その絆創膏を剥がしたら、次は水ぶくれをいじりたくなるに決まっている。

あわてて次の絆創膏を貼る。
また剥がれる。
絆創膏を貼る。
剥がれる。
   ・
   ・
   ・
苦労の効あって、水ぶくれが固くなり落ち着いてきた。
はずみで傷つけてしまうという危険性は去った。
ここでやっと一段落。

さて今度は、やがて自ら剥がれてくる皮膚を、無理して剥がさない、という課題が待っている。

今度は絆創膏の力を借りず、自らの意志であの誘惑に打ち勝たなくてはならない。

出来るだろうか。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-05 23:53

夢ならばこそのお誘い

昔から、物を食べている夢は、胃腸の調子が悪い時、と聞いている。

昨日は夕方からやや熱っぽく、風邪薬を飲んだせいか、胃の調子も良くはなかった。

そんな中で夢を見た。

なにか食べていると近所の旅館の奥さんから、
「ねえ、iwasomami一緒に死のうか。」
という誠にあり得ないお誘いを受けたのだ。

そしてそんな物騒な誘いをいとも簡単に、
「うん、いいよ。」
と受けてしまっている。

先ず、病院の一室のようなところへ行き、そこでクスリを飲まされた。
そのクスリを飲んだ後注射を受けると苦しまずに死ねるという。

しかしその時、私は何やら胃が重く、このままでは注射は受けられないと思い待機している。

その間、ふと娘の事が頭をよぎった。
娘はこの4月に帰ってきたばかり。
今、若女将として頑張ってはいるが、このまま私がいなくなったらさぞかし娘の肩の荷は重くなるだろう。
そんな無責任な事が出来るだろうか。

やはり今日のところは、自殺などせずに帰ろうと思った。
医者らしき人にその旨を告げると、今なら間に合うとのこと。

「飲んでしまった薬はどうしましょう。ムカムカするんですが。」

「ああ、それは胃洗浄をしてもらうと治りますから。」

それから私は誘ってくれた奥さんのところに行き、死ぬのを辞めた旨伝え、彼女にも思い直すよう説得するが、彼女の意志は強く、間もなく亡くなってしまった。

その後、クスリを飲んだ事により、半分だけ死の世界を体験した私には超能力らしき力が授かった。
そして、霊となって現れた彼女と普通に会話をしている、というなんの落ちもない夢だったが、もし私胃の調子が良かったなら、すぐに注射を受け亡くなった、というストーリーに変わっていたのかもしれない。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-03 23:41