お気にめすまま

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 178 )

オネガイガアリマス

今日はお彼岸の中日。
と言うわけで、お墓参りに行ってきた。

おいしい饅頭を供え、少し黙祷した後すぐその饅頭を片づけた。
カラスに食い散らかされないためだ。

私がお墓に着いた時には、既に何人もの人がお墓参りをすませた後で、中にはお供え物をそのままにして帰る方もあり、せっかくの食事を邪魔されたせいか、それとも、新しいご馳走に、思わず嬉しくなってしまったせいなのか、やたらとカラスが鳴いていた。

私個人としては、カラスに食べられようが、風化しようが、持ち帰らず自然に任せた方が、亡くなった方達の供養になると思っているのだが、そうとばかりは言えないのだろう。

せっかくのお供え物も、たった数分では、亡くなった人達も慌ただしくて、食べたような気がしないだろうに。

帰る途中、ふとあるお墓が目にとまった。
たぶんそこには、幼くして亡くなった子供が埋葬されているのか、いろんなお菓子が山ほど、それも二山も供えられていた。

それを見ただけで、その子の親の深い愛情が感じられ、
ジンときてしまった。

もし、私がお墓に入ったなら、コレスレロールのたっぷり入った美味しい物を、少しずつ色々と、口しめの熱いコーヒーを供えて下さい。
この世で思う存分食べられなかった分、あの世へ持ち越しです。
[PR]
by iwasomami | 2006-09-23 23:25

むなしい話

あるお客様の話。
年に数回御来館下さるご夫婦なのだが、かつてご主人は、食道ガンと、胃ガンを患っていた。
もちろん手術を受け、それから5~6年経過しているとのこと。
そして昨日、検診があり、その結果転移していないとわかり、嬉しくて、思わず我が家に予約を申し込んだという。

そんな嬉しい日に、我が家を選んで頂けて、とても有りがたい気持ちでいっぱいだった。

胃は全摘で、腸を食道につないだらしいが、そうなると全く食欲が無くなるという。

「え?食欲って、目とか、頭でも感じるんじゃないんですか。」
「いや、胃で感じるんですよ。いくら腸が胃の形になっても、全く胃が再生するわけではなく、食欲はわかないんですよ。」
「じゃあ味覚はどうなんですか。」
「何を食べても美味しいとは感じないんです。生きる為、毎食無理をして食べているんですよ。」
「でも、食べ物の味は覚えているでしょう?」
「覚えていても、食欲が無いと美味しくないんです。」

なんてお気の毒な事だろう。
人間の3大欲のうちの一つが、無くなってしまうなんて、とても考えられない。

主人に話すと、
「俺は、頭と目だけでも食欲はわくと思う。それが証拠に、満腹でもうまい物はうまい。」

だからダイエットできないのね。
[PR]
by iwasomami | 2006-09-08 23:47

食卓における時事問題

先日、義父の命日に、身内だけで昼食会を開いた。
近頃、中華といえばバーミヤンばかりだったので、久しぶりの本格中華料理に、期待がふくらむ。

でもあれですね、円卓。
円卓は良くないですね。

第一、自分の分量がはっきりしていない。
自分のものであって、そうでないような。
早い者勝ちであるような。
結局、自己主張の強いものが勝つ、みたいな。

丁度日本海の領有権問題に似た状態。

しかし、この家に嫁いで早幾年月、我ながら、たくましくなった。
主張すべき所は主張し、譲るべき所はきちんと譲歩し、結局終わってみると、お腹がいっぱい、満足でした。

でも、お義母さん、できることなら来年は、隣の料理と境界線がはっきりしているお店に行きませんか。
[PR]
by iwasomami | 2006-09-04 19:50

チョット振り返ってミテ

旅館の女将さん達で、3年ほど前から、駅のトイレ掃除をしていて、ひと月に一度か二度の割合で順番がまわってくる。
毎回感じる事だが、とにかく汚い。
臭いこそ最初に比べると無くなってきたものの、汚れ具合は空しくなるほど改善されていない。

どんな格好で用を足してるの?
後ろ向き?
もしや、外国人?
体の構造にどこか異変でも?
犬?

大げさでなく、本気でそう思う。
先日はあまりの汚さに、子供が用を足せないと泣いていた。

それでも黙々と掃除をしていると、時々声をかけられる。
このボランティアが、町の人達にだいぶ知れ渡ってきたのか
「ご苦労様、大変ですね。」
と言われることが多いが、中には
「もっときれいに掃除をしてね。」
なんて心ない言葉を投げつける人もいる。

花を飾っているが、ゴミ箱に花を捨て、花瓶だけ持って行く人も後をたたない。
その一方で、花瓶を持ってきてくれる人もいる。

一人一人が、自分の家と同じように使ってくれれば
みんなが幸せになれるのに。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-29 00:12

抱きしめてあげて下さい

数日前、福島で子供の虐待という、何とも痛ましい事件が発覚した。
満足に食べ物を与えられなかった子供達は、著しく成長が遅れてしまっていた。
こんなふうになるまで、なぜほったらかしにされていたのか、どうにも納得いかない。
こんな時、役所側からは、「家庭の中まで踏み込めない部分がある。」と言う答えが返ってくる。
いつもそうだ。何度繰り返してもいつも同じ答えが返ってくる。
子供の姿を見、近所での話を聞いただけで、解るはずなのに、なぜ強制捜査ができないのだろう。

こんな子供達は、決まって親をかばうという。
ある人曰く「親に虐待されている子供ほど、親離れが出来にくく、常に愛されたいと親にしがみつく。」
亡くなってしまった子供は、その短い人生の中で、楽しかった事は、あったのだろうか。
親に愛されていると感じた瞬間はあったのだろうか。
心の底から笑えたことはあったのだろうか。

なんとも哀れでしょうがない。

「抱きしめてあげて下さい」
少し前流れていた、このコマーシャルが大好きだ。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-03 21:27

神頼み

義姉がスポーツジムに通い始めた。
週一回3時間、ハードだが、終わった後のすっきり感は何ものにも代えられないと言う。
私も通いたくなった。
先ず、体力測定をしてから、希望のコースが選べるらしい。
「体力養成」まだ大丈夫・・だと思う。
「体力維持」ちょっと心が動く。
「脂肪燃焼」どうにか平均体重は保っているのでパス。
「上半身筋増量」たくましい上半身はいらない。
「アスリート向け」いまさら何に挑戦したらいいの?
「プロポーションづくり」やはりこれだね。
  メリハリのある身体になるらしい。
  とは言っても、今更モデルのようになれるなんて  事は、もちろん思ってはいないが、決して安くはない  会費を払う限りは、少しは期待してしまう。
  私の多様な注文に、インストラクターがどこまで
  対応出来るか、疑問。

こんな事を考えていたら、ふと、お賽銭をあげる時のことが頭に浮かんだ。
常々、100円玉で最低3つは願い事をする。
時として、10円玉でも同じ事をしてしまう。
まあ、神様は心が広いので、今までそれほどひどい目にあってはいないが、インストラクターはどうだろう。
とりあえず、忙繁期が過ぎたら、挑戦してみよう。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-22 23:33

がんばってみます

4時間ほど前「類は友を呼ぶ」という日記を「です」「ます」調で書いてみた。
少しは大人の女性らしく書いてみようかな、と思っての試みであったが、我ながら非常に読みにくく、リズムに乗れなかったので、しつこいようだが、今一度書いてみる。

そんな元気が出たのも、今日のアクセス数が多かった為。
自分を励ますつもりでチェックし始めたアクセス数だったが、今ではストレスの原因になりつつある。
仕事のストレス解消も込めて始めたブログだったのに。

人はどんな時にやつれるか。
経験から言えば、ストレスを受けた時一番効果が現れるようだ。
痩せるのではなく、やつれてしまうのだ。
若い頃は、多少のやつれはすぐ戻るが、私ぐらいの年令になるとなかなかうまくはいかない。

ということは、私がやつれるのもやつれないのも皆さん次第。今後ともどうぞよろしく。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-12 00:10

夏の夜の夢

なくした物を探し出すという占いがあったので、やってみた。
生年月日、住所などを記入し、その後、無くした物を思い浮かべる、というやり方だった。
迷わず「記憶力」と念じた。
結果、即日もしくは数日内に見つかる。場所は、銀行、金庫の中、私室、家具の中、植え込み、花瓶の中等、と出た。
すばらしい。
なかなか出てこない言葉が、なーんだ銀行に預けていたんだった。
ああそれは、花瓶の中にあるかもしれない。
植え込みの中は探し出すのに少々時間がかかるかも。
探して出てこない場合にも決して慌てず、
「待ってて下さいね、一両日中には思い出せますから。」
と胸を張って言える。
   ・
   ・
   ・
少なくてもこの占いは、はずれている。
[PR]
by iwasomami | 2006-07-06 00:18