お気にめすまま

ブログトップ

2008年 04月 27日 ( 1 )

そっくりさん

気晴らしに、あるファミレスに行った。

メニューを開く。
不本意ながら、最近とみに近くの物が見えにくくなってきたことを実感する。
さほどぼやけているわけでもないが、出来ることならもっとはっきりと見てみたい。

常用している近視用のメガネを外す。
見違えるように視界がすっきりした。

注文を済ませ、メガネを外したまま暫し歓談す。

と、視界に大きな人影が。
「あれ?」

まさか。
主人は今頃旅館でお留守番の筈。

しかし、紺のブレザーとグレーのズボン、そして短髪、メガネ。
さらにあの大きな体は主人そのもの。

そうか、忘れていた。
この店には主人にそっくりな雰囲気の店員さんがいたことを。

謎は解けたものの、その人が現れる度に、
「あっ、主人だ。」
と、とっさにそう思ってしまう。

別に主人が居てどうの、と言うわけではないが、居るなら居る、居ないなら居ないというふうにはっきりして欲しかった。

落ち着かないことこの上ない。

帰りがけ、どれほど主人に似ているかを伝えようと思い、近づいていった。

今度はしっかりメガネをかけていたので、よく見える。

ところが、近くで見てみると、主人よりだいぶ若い人で、顔も思ったほどには似ていない。

勿論何も言わず帰ってきた。

折角旅館のことから頭を開放したかったのに、ずっと似非主人がチラチラして、うまく切り替えができなかった。

今度からここに来る時は、しっかりとメガネをかけたままでいよう。
[PR]
by iwasomami | 2008-04-27 23:47 | Family