お気にめすまま

ブログトップ

2008年 04月 11日 ( 2 )

春爛漫

娘から珍しくお花見のお誘いを受けた。

どうやら車を運転中、とても綺麗な桜が見えたらしい。

桜の名所に出かけるのも良いが、地元の人にしか知られていないそんな桜を見るのも良いかと、二つ返事で承諾した。

何気なくいつものサンダルを履こうとする私に、

「山登りとはいかないまでも、結構高いところに見えたから、サンダルはねえ。」

そう言う娘は、長靴兼ブーツといういでたち。

そんな娘のアドバイスをさらりと受け流し、そのまま出かける。

「多分この辺だと思うんだけど。」

娘のあやふやなナビのお陰で、多少の回り道はしたものの、割合早く到着。

付いたところはなんと高校のグラウンド。

確かに高台にあったが、山は何処?登山って?
サンダルで充分じゃない?

気を取り直し、娘は早速携帯を手に春爛漫の桜を激写。

そんな娘を尻目に、私は車に常備置いてある花ばさみを持ち、近くの薮の中に入り、花摘みに専念する。

山吹、木イチゴの花、キフジ、アオイ、等大量の収穫に我を忘れた。
その時、娘が情けない声をあげた。

「どうした?」

「せっかく桜の写真をいっぱい撮ろうと思ったのに、電池が...。」

なんだ、そんなこと。命に別状がなければ良いじゃない、とばかりに、再び花摘みに没頭する。

桜は綺麗でした。
満開のソメイヨシノと、一輪ほど咲き始めた山桜。

しかし、なにより嬉しかったのは、やはり野の花の収穫、かな?

早速ロビーに飾りました。

b0109076_17324482.jpg


b0109076_17333566.jpg

[PR]
by iwasomami | 2008-04-11 23:31

たまにはコマーシャルです

春と言えば、初鰹。

お客様もそれを待っていたかのように、ここのところ刺身は鰹で、というご要望が多い。

鰹はタタキにして、一切れ一切れに切り込みを入れ、その間にニンニクのスライスを挟んで食べる、と言うのが西日本での鰹の食べ方だと聞くが、ここいわきでは、厚めに切った鰹をそのままニンニク醤油で食べる。
飲み込む時、文字通りのどが鳴る。

それというのも、この辺の鰹は生臭さが少なく、食べやすいというのが原因らしい。

昔、鰹の大好きな年輩の女性がいた。
鰹の刺身を食べる時には嬉しさの余り、「うふふ、うふふ」と笑いながら食べていたものだった。

その人が、ある日鰹のアラをたべているところを見てしまった。
頭としっぽと、それをつなぐ骨だけの、まるでマンガのようなアラ。両手で頭としっぽを持ち、醤油もつけず、骨の中落ちのところにかぶりついていた。

そして、「えへへ、うまい。」と笑っていた。

まるで化け猫を彷彿とさせるその姿に、思わずゾーっとした。

そこまではいかなくとも、皮ごと生で食べる人はある。
それほど生臭くないということか。

地元に鰹が大好きな男性がいる。
もともとは高知の出身。
鰹好きが高じて、日本で一番おいしい鰹を求めあちこち食べ歩いた結果、とうとういわきに住み着いてしまった、という。

それを聞いて以来、自信を持ってお勧めしている。

鰹はいわきだと。


新鮮な鰹を食べて、のどを鳴らしてみたい方は、是非当館「岩惣」においで下さい。
残念ながら、骨は削除してありますが。
[PR]
by iwasomami | 2008-04-11 00:33 | 食べ物