お気にめすまま

ブログトップ

2008年 01月 30日 ( 1 )

分かり易い

マンガなどで不満がある時、口をとがらして描かれている事があることがある。
ある意味、そんな時の定番の描き方なのかも知れない。

しかし、興奮のあまり、口角泡を飛ばし不満をぶちまけ、その結果その表情が口を尖らせたように見える事はあっても、表情だけで表す人を見た事はなかった。

敢えて言えば、随分昔のドラマで、マザコンの男がそんな表情をしていたことはあるが。

ところが先日、まさに同じ表情をした子供に出会った。

いつもは機嫌の良いその女の子。
何が面白くないのか、その時ばかりは精一杯の抵抗をその口で示していた。

負ぶわれていた為身動きが取れず、挙げ句の果てに未だ満足に話も出来ない。

そんな彼女が出来る事と言えば、思いっきり口を尖らせる事だけだったのだろうか。

いったい誰がそんな表現を教えたのか。
本能か。

その本能が成長と共に、言葉や態度に取って代わり、それに自制心も加わった結果、口を尖らせる事が無くなってきたのか。

いや、そう思っているのは自分だけで、案外ちょくちょくそんな表情をしているかも知れない。

以後、不満を感じた時には、そっと鏡で確かめてみる必要があるな、これは。
[PR]
by iwasomami | 2008-01-30 00:16