お気にめすまま

ブログトップ

2007年 07月 09日 ( 1 )

高枝切りばさみ

客室庭園の紅葉の枝が、混みあって暑苦しくなってきた。

「高枝切りばさみ」が欲しいと思った。

それが手に入れば、信じられないぐらい簡単に、さっぱりした庭に生まれ変わるはず。

「買いたい。」
そう主人に告げた。

すると、
「買ったのがある。」
との信じられない返事が。

「えー、いつの間に?」

主人は庭木の手入れはしたことがない。
それなのに、私の知らないうちにそんなお宝が我が家にあったとは。

わくわくしながら、それを持って目当ての紅葉の木の下へ。

下から眺めてみた。
どう頑張ってもてっぺんまで届きそうにない。

然らばと、屋根に登る。
落ちそうになる恐怖と戦いながら、最大に伸ばした手と高枝切りばさみとで、枝を払っていく。

怖い、楽しい、でも左手が疲れる。
上を切ったり、下を切ったり、左腕の痛みをごまかしごまかし、届く範囲のところを切った。

再び、木の下へ。
やはり屋根の反対側がうっそうとしている。

あの手しかないか。
そう決心し、何十年ぶりかの木登りを決行。

それにしても左手がツライ。

そして今日、あれほど恐れていた筋肉痛はやってこなかった。
それもこれもMrビリーのお陰か。

因みに、去年は出来なかった逆立ちが出来るようになった。

体重や体脂肪は減らずとも、腕力だけは確実に増強しつつあるようだ。
[PR]
by iwasomami | 2007-07-09 20:41