お気にめすまま

ブログトップ

2007年 02月 23日 ( 1 )

走馬燈のように

以前、脚立から落ちたことがある。
たかが3段の小さな脚立だったので、すっかり落ちきるまで、1秒もかからなかったと思う。
ところが、不思議なことに、人はそのわずか1秒の間にいろんな事を考えられるものだ。
それこそ走馬燈のように。
出来るだけ怪我をしない場所を選び、頭だけは許してとか、なぜ落ちたのだろうと、その原因まで考えていたのだ。
時間というものは、人や状況によって長さがまったく違うと感じた瞬間だった。

今、我が家には8段脚立がある。
落ちた場合、単純に約3秒弱かかる計算になるが、その間いったいどんなことが頭に去来するのだろう。
それを実感したい気持ちはあるが、そこまで命をかける事もあるまい。
さし当たっては落ちないように、くれぐれも慎重に作業を続けたい。

それを思うと、バンジージャンプやスカイダイビングで空を飛んでいる時間の長さは、それこそ天文学的長さに感じられるに違いない。
初心者ほど長く感じられるのではないか思う。
だとすると、その長い時間、ずっと恐怖心と戦わなければならないのか。

ああ、恐ろしや、恐ろしや。
と思いながらも、誰かがドンと背中を押してくれるなら、一度体験して見ても良いかな、とも思わなくもない。
[PR]
by iwasomami | 2007-02-23 00:14