お気にめすまま

ブログトップ

2006年 12月 23日 ( 1 )

やっぱり古いでしょうか?

常々、デートや、男女混合の時の食事代等は、男性が少し多めに支払うものだと思っていた。
勿論それに甘んじているわけではないが、それが男性に於ける、やせ我慢の美学だと信じていた。

ところが最近では、私のこの考えが古いと思われているようで、以前息子に、
「彼女とデートする時は、勿論あなたが多く出しているんでしょう?」
と尋ねたとき、
「いや、割り勘。」
と即答され、息子よお前もかと、愕然としたことがある。

若い従業員の女の子に尋ねても、
「割り勘が良いです。それって、男性の優しさですよ。」
との返事。
なんでも、男性が支払うことによって、女性に大きな心理的負担を掛けるんだそうな。
その負担を掛けさせないのが男性の優しさだと説明されても、どこか納得出来ないところがある。

百歩譲り、割り勘も仕方ないとしても、1円の位まできっちり分ける姿だけは、絶対見たくない。

「武士は食わねど高楊枝」
この言葉が大好きな私にとって、最近の若い男性を見ていると、優しさというよりも、「粋」さをなくしてしまった男性の悲しさを感じてしまう。
[PR]
by iwasomami | 2006-12-23 23:59