お気にめすまま

ブログトップ

2006年 12月 15日 ( 1 )

焦り

「早いもので12月も半ばとなりました。」

そう言われて、初めてそのことに気づいた。
大掃除に関しては、今年こそは早めにすまそうと11月後半に少しだけ終えた。
それが悪かったと思う。
へたに少し終わらせた為に、すっかり終わってしまったようような気がしてしまった。
気づいてみたら、まだ全然終わっていない。
焦りと後悔が頭をよぎる。

これって遠い記憶の中でも体験したことがあるような。
そう、夏休みの宿題と同じパターンだ。
今年こそは早めに宿題を終え、残りの休みをたっぷり楽しもうと、「夏休みの友」の約90%を5日位で片づけてしまい、満足してしまうのだ。
そして新学期まであと2日というところで、最も手間の掛かる絵日記や自由研究に追われるのが常だった。

何と言うことだ。全く進歩していない。

本当はこんなブログなど書いている場合じゃないのに、何故か優先してしまう。
これも昔のまんま。
期末テストが近づくと、どういう訳か倫理社会や、保健体育などを勉強したくなる。
それらがどうでも良い教科だとは思っていないが(本当はチョット思っていた)、どう考えても、肝心の5教科を優先させた方が、何かと有利だと解っていてもどうしてもそうなってしまう。

ああやはり進歩のあとが見られない。

受験勉強の時も然り。
受験まであと一月という、非常に焦りが出てくる頃に、叔母が、
「大丈夫、まだ一月もある」
と言ってくれた言葉で、とても救われた。

誰か、言って下さい。
「大丈夫、まだ15日もある。何でも出来る。がんばれ」と。
[PR]
by iwasomami | 2006-12-15 23:39