お気にめすまま

ブログトップ

2006年 10月 14日 ( 1 )

私的人相学

未だかつて、サングラスというものをかけた事がない。
サングラスを素敵にこなしている人に、あこがれは覚えるが、そうそう身の回りにいるというわけでもない。

最近見た「チャーリーとチョコレート工場」という映画で、出演者全員が大きな丸いサングラスをかけている場面があり、そこであることに気づいた。

鼻の形が思いの外、その人の性格を表しているのではないか、という事。
主役のジョニーディップからは、非常に女性らしい感じを受けたし、準主役の子役は驚くほどおじさん臭く、ふてぶてしさすら感じられた。

人相学に於いては、よく鼻の形について云々言われているが、目を隠す事によって、これほど露わになるとは思わなかった。

性格を表す順位としては、目、口、鼻の順かと思っていたが、ひょっとすると、口と鼻の順位は入れ替わるかもしれない。

しかし、目や口は、その人の意志で多少変える事が出来るが、鼻ばかりはそうはいかない。
もしかしたら、鼻が一番その人の本質を表しているかもしれない。

あれ以来、他人の鼻が気になってならない。
[PR]
by iwasomami | 2006-10-14 00:43