お気にめすまま

ブログトップ

2006年 09月 14日 ( 1 )

井上陽水「夢の中へ」を送る

「イルカはクジラの子」の彼女(6/17参照)が、4日間のお休みを取っている。
自分探しの旅に出かけると言っていたが、今頃何処で何をしているやら。

そういえば私も若い頃、ふと思い立って、一人で旅に出たことがあったっけ。
何があったわけでもなく、ただ、単に松島に行ってみたかっただけだったが。

その当時、女一人で旅に出ると言う事は、とても不審な事であった。

先ず、泊まるところを決めにくい。
我が家でも、若い女性が一人だったら、お受けしないかもしれないし、お泊まりいただいたとしても、お帰りになるまで、心配でしょうがない。

幸いな事に、その時は案内所で、家族で経営しているような小さなビジネスホテルを斡旋してもらい、早々とチェックインし、のんびりテレビを見ていた。

やや暫くして、ノックの音が。
「すみません、宿帳を。」

えっ?今頃宿帳?

たぶん、私がチェックインしてから、ホテルの人達の中で、いろんなことが話合われて、様子を探りに来たのだろう。

船に乗っていても、見知らぬ人達が声をかけてくる。
いわゆるナンパではなく、明らかに私が自殺でもするんじゃないかと気遣ってのことだった。
そして、あからさまに、そう口にする人までいた。

こんな有様で、とてものんびりと一人旅を楽しむ事など出来なかった。
まあ、行き先を観光地にした私が間違っていたのだが。

それ以来、一人旅は都会と決めている。
女性一人で歩くには、都会は最適だ。
誰にも何も言われないし、悔しいほど誰も気にとめないし。


ともあれ、早く自分を探して、気をつけて帰って来るんだよ。
言い忘れたけど、お土産は干物でいいからね。
帰途に着く前に、このブログを読んでくれる事を願う。
[PR]
by iwasomami | 2006-09-14 00:43 | 新人類