お気にめすまま

ブログトップ

2006年 08月 24日 ( 1 )

実家の兄が電話をくれた。
「海から流木を拾って来たので、それに花でも飾ったら良いんじゃないか。重かったけれど、喜ぶと思ってな。」
びしょぬれになりながらも、一生懸命拾っている様子が目に浮かぶ。

子供の頃は喧嘩ばかりしていたのに、両親が亡くなってから、兄はとても優しくなった。
いつも私のことを気にかけてくれているのがよく解る。
そんな兄に、ふと母を感じるときがある。
何故か父ではなく母を感じてしまう。

「寅さん」
「男はつらいよ」の寅さんを見ていると、いつも兄を思い出す。
おっちょこちょいで、世話焼きで、騒々しくて、お嫁さん一筋で、「チャングム負けるな」と声に出して応援している、そんな兄です。

何故か今日は、兄から始まり、亡くなった両親のことや、義父のこと、そして唯一健在な義母のことを考えて、ちょっと涙目です。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-24 19:54 | 兄嫁