お気にめすまま

ブログトップ

2006年 08月 14日 ( 1 )

感動した

10日間の予定で、某大学の野球部員達40人がお泊まりしている。
一年で最も忙しいこの時期に、これほど長期でしかも大勢の学生を受け入れたのは初めてだった。
どうなることかと心配していたが、とてもスムーズに事が運んでいる(と思っている)。
と言うのも、感動的なほど素晴らしい学生達ばかりだから。正直、彼らに助けられている部分は大きい。
素直で明るくて、スポーツマンで、賢くて、etc, いくら褒めても褒め足りない。
今日で丁度半分が過ぎてところだが、お帰りになった後は、きっと寂しくなることだろう。
彼らにもそう思ってもらえるよう、頑張らなくちゃ。


それにしても今時の若者の顔の小ささには驚かされる。
背も高い人が多いので、そんな学生と話をしていると、顔がとても遠くに見える。
そのせいか顔が覚えられない。みんな同じに見える。
たまに覚えた人は、心なしか少々顔が大きいような気がする。
その意味では、これからの時代、顔が大きいという事は、相手にインパクトを与えられて得なのかもしれない。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-14 00:14 | 旅館の話