お気にめすまま

ブログトップ

お疲れ様

息子の熱く長い一日が終わった。

と同時に、我が家の「のど自慢」フィーバーも終わりを告げた。

未だかつて、これ程熱心にその番組を見た事はない。
従業員を交え、TVの前にある者は正座し、またある者は椅子を陣取り、息子が画面に映るたびに笑いが上がる。

その意味では、皆が1つになり、とても良いレクレーションだったのではないかと思う。

息子曰く、自分の歌っている時は元より、後ろの席に座っている時ですら、演技を欠かさなかった為、心底疲れたとのこと。
本業の銀行業務に支障が出なければよいが。

そんな盛り上がりの中、義母の反応だけは全く違ったものとなった。
何故かその話題を避けたがっている素振り。
どうやら浴衣で出たのがお気に召さなかった様子。

義母にしてみれば、もっと普通に出てくると思っていたらしい。
せめて大好きな氷川きよしの曲でも歌ってあげれば、良い祖母ちゃん孝行になったのかも。

でも若さがあって良かったと思う。
心配だった品格の有無についてはギリギリセーフとしよう。

それにしてもあのノリはどこから湧いてくるのか。

父が生前、あまりに騒々しい兄に向かい、
「お前は本当にオレの子か?」
と見当違いな質問をしたと聞くが、今まさにその時の父と同じ疑問が湧いている。

でもそんな個性もありだと思う。
[PR]
by iwasomami | 2008-03-31 23:46 | Family