お気にめすまま

ブログトップ

頑張った日

さすがに年の暮れともなると、忘年会のお客様方で賑わっている。

こうしている間にも、なんやかやと用事を賜り、果たしてこのブログは何時になったら終了するのやら、皆目見当がつかない。

そうこうしているうちに、間もなく義母が起き出してくるだろう。
朝食の準備をする為である。

それに伴い、最近その義母の助手を買って出た私の朝も否応なしに始まる。

旅館という仕事は、時間の区切りのつきにくい職業であると、実感する瞬間である。

因みに、昨日の私の行動を書き出してみよう。

1:30  義母の起床と共に、朝食の準備。
2:30  30分ほど読書し、そのご就寝
6:00  起床。
6:50  早立ちのお客様を見送る。
9:00  珍しい事に、全てのお客様がお帰りになった。早っ。
      この3時間は正に戦争状態。
      トイレ、軽い化粧、清掃など、全てお客様の動向に合わせ、その合間を縫って行う。
9:30  コーヒータイム
10:30 調理場でのお仕事。
12:30 10分程で昼食を済ませる。その後1:30まで手伝い。
14:00 入浴。
15:00 お客様の御来館。18:00まで続く。
      19:00までお部屋にご挨拶。
19:30~22:00 皿洗い。
22:00~23:00 ぼーっとしている。ついでに20分ほどううたた寝。瞬時に眠れる特技が遺憾なく発揮される。
23:00  ブログを書き始める。
1:00   たぶん義母がやって来る。

こうして書き出してみると我ながらよく働いた。

こんな日が毎日続いては体が持たないが、残念ながら、それが毎日という訳ではなく、この時期ならばこその緊迫した一日である。
[PR]
by iwasomami | 2007-12-09 00:09 | 旅館の話