お気にめすまま

ブログトップ

カボチャに教えられた事

カボチャのスープを何回作った事だろう。

お客様にそのスープをお出しするようになって以来、あちこちからカボチャを頂くようになった。

今、我が家には色、形とも様々なカボチャがある。

そのお陰で、この頃だいぶカボチャにも詳しくなってきた。

先ず、外見が濃い緑色だと、中身は茶色に近い濃い黄色。
固くて切るのが困難だが、ポクポク系が多く、煮ては甘くて美味しいが、その甘さが邪魔をして、スープには向かないような気がする。

また、白いカボチャは、中身はレモンイエローで、切りやすい。
水っぽく、煮物には向かないが、スープにすると、程々の甘さに仕上がり、非常に美味。

その他にオレンジ色、混合など多様にあり、調理する度味付けを調整しなければならない。

人間、見た目で判断してはいけないよ。
必ずその人に向いた仕事があるはず。
そんな事をカボチャをに教えられている。
[PR]
by iwasomami | 2007-12-01 00:11 | 食べ物