お気にめすまま

ブログトップ

食欲の晩秋

午後5時。
少し小腹が空いてはいるが、まもなく夕食の時間、そんな微妙な時間帯に見つけてしまった。

テーブルの上にさりげなく置いてあった、山崎デニッシュロール(メープル&マーガリン)が二つ。

誰だ、こんな所にこんな魅力的なパンを置いたのは。

そんな詮索をするまでもなく、もちろん主人に決まっている。

丁度ついさっき作ったばかりの、柚子の砂糖煮とのコラボレーションを確かめるには打って付けのパンだ。
そう言い訳しながら、端の方を囓ってみる。

思った通り、味がぐんと良くなった。

困ったわ、このままでは夕食が食べられなくなる。
思い切って、パンの袋を閉じた。

ややしばらくして、ふと目をやると、閉じたはずのパンが跡形もなく無くなっている。
誰が食べたんだろう。娘か?主人か?

このままではもう一袋もあっという間に無くなってしまうに違いない。
思い切って二つめの袋に手を付けようか。

しかし、コレは私が買ってきたものではない。
でも。ここに置いてあるものは家族皆の物。
だが、黙って食べてしまっては、さすがに購入者に対して申し訳ない。

ここはやはり、一声かけるべきであろう。

「ねえ、これ食べて良い?」と問う。
「・・・・ウン、・・・・良いよ。」と煮え切らない返事をする主人。

ニュアンスはどうであれ、承諾は得た。
一応遠慮もあるので半分残し、食べてしまった。

美味しゅうございました。ごちそうさま。

そしてついさっき、見つけてしまった。

テーブルの上に、再びデニッシュロール(メープル&バター)が二個置いてあるのを。

そうか、やはり心残りがあったのか。
そりゃそうよね。

ごめん、今日はもう食べないからね。

でも、明日は・・・・食べちゃうかも。
[PR]
by iwasomami | 2007-11-24 00:01 | 食べ物