お気にめすまま

ブログトップ

手抜きは楽しい

今朝のテレビ番組に、カボチャを使って作ってみたい料理のベスト3が出ていた。

1 カボチャのスープ
2 かぼちゃプリン
3 カボチャのグラタン(記憶が定かではない)

ハローウィンの影響だと思うが、最近私もはまっている、カボチャシリーズそのまんまだ。

それにしても、ここのところ何故か我が家にはカボチャが溢れている。

そんな事もあり、満を持して主人がカボチャ料理に手を染めた。

隙あらばどこかで手を抜こうとしている私とは大違いの、本格的なプリン作りに挑戦していた。

私がヘラで潰す道を選んだのに対し、彼はキチンと裏ごし器を使用したらしい。

その後、調理場へ行ってみると、半殺し状態のカボチャが置いてあった。

それを見た瞬間、私の創作魂に火がついた。
この一握りのカボチャでどんな料理が出来るだろう。

時は、夕食直前。
時間がない。
材料も限られている。
油物にはしたくない。

これらの条件から、私の選んだ献立は、「カボチャの白和えリンゴ入り」

もちろん、カボチャと豆腐、リンゴのコラボは初めての試みだ。
しかし、「柿の白和え」があるなら、カボチャが柿に変わったとて、大した問題では無いはず。
味は途中で直していけばいい。

作り方は至って簡単。
小さく切り塩水に付けたリンゴと、水切りした豆腐をカボチャと混ぜ、砂糖と塩で味付けするだけ。
リンゴの酸味が少なかったので、仕方なくマヨネーズを少し加えたが、体の為には、レモン汁で補うべきだったかも。

おかずのような、デザートのような、自分的にははまりそうな味に仕上がった。

もしお手元に、ハローウィンのカボチャが転がっていたら、ぜひお試しあれ。
[PR]
by iwasomami | 2007-10-31 23:50