お気にめすまま

ブログトップ

ガラクタ探し

娘に、
「お母さんが時を忘れてしまうお店って、なに屋さん?」
と尋ねられ、即座に、
「骨董やさん。」
と答えた。

しかし後に、骨董やではなく、ガラクタ屋が好きだったことに気づく。

変わったというか変なモノが好きらしい。

そんな用途不明な逸品に出会う確率は希であるが、たまたま見つかった時の嬉しさといったら・・・

そんなモノと出会える可能性が骨董やにはある。
骨董やとはいえ、本当に価値のある骨董品だけを扱っているわけではない。
多くのお宝には目もくれず(というか手が出ない)、タダひたすら、胸ときめく私だけのお宝を探し回る。

義母は「誰が使った物か解らないので気持ちが悪い。」と言うが、私はまったく反対で、誰が何の為に使ったんだろう、と思いを馳せる瞬間も楽しい。

そして100円ショップも大好きだ。
あそこには変な物が沢山ある、それも100円で。

娘曰く、
「恐るべし、100円ショップ。」

まさしく私のDNAが受け継がれているようだ。
まったく同感です。
[PR]
by iwasomami | 2007-10-03 23:34