お気にめすまま

ブログトップ

そこをなんとか

娘に導かれるまま、「有名人整形疑惑」なるサイトを見た。

あの人も、この人も、まあ、あの方まで?

若い頃は、逆さまつげなど、実生活に不便がある時の治療として、保険を使い、整形というよりも、治療の一環として二重の手術を受ける方法があったが、見ているうちに、治療ならやっても良いかななんて思い始めた。

そこで、私の顔の中で実生活に不便なところはあるだろうか、と探してみた。

先ず目。
決して大きいとは言えないが、そのせいで視野が狭くなっているとは思えない。
垂れ目気味ではあるが、だからといって何の弊害もない。

次に鼻。
高からず高からずの鼻。しかし呼吸には差し支えなくこうして今まで生きてこれた。

皺。
幸い今はさざ波程度のシワしかない。
たとえ今後シワが深くなったとしても、そこに何が溜まる訳でもないはず。
せいぜい汗や涙があみだくじのように曲がりくねって流れ落ちる程度だろう。

口。
何不自由なく話すことができる。

こう考えてみると、どうやら保険で出来る手術はないようだ。
そう思った時、主人が一言。

「アゴがある。長くしゃくれたアゴが邪魔してカップが当たり、飲み物をこぼし、火傷に至る危険性がある、というのはどうだろう。」

そうか、そこがあったか。
そう言えば昔からスイカやトウモロコシを食べるのも苦手だ。
その上、長細いアゴはパンチに弱いとも聞くし。

どうだろう、保険は使えるだろうか。
[PR]
by iwasomami | 2007-09-24 23:56