お気にめすまま

ブログトップ

白い生き物

近くの山に、山野草を採りに行ってきた。

トラノオ、トリアシ等を採りながらし、ふと側を見ると、青々とした名も知らぬ葉っぱがあった。

雨上がりの瑞々しさを備えた葉は、何とも清々しく、とっさに裏山に植えてみようと思い立ち、3株ほど採取。

帰宅後、さっそくスコップ片手に、長靴に軍手という完全武装で、裏山へ。

日陰のじめじめした所を移植場所と決め、スコップで一掘り。

意外と柔らかい。
これなら簡単に穴が掘れるわ、と気分良く二掘り目を当てようとしたその時、異変に気づいた。

つちが斑に白いような気がした。
変わった土だわ。

続けようと思ったが、何となく気になり、じっと土を見る。

斑と見えたのは、白い粒だった。

何だろう。

メガネを外し、しゃがみ込んで観察してみる。

おお~。

白い粒だと思っていたのは、小さなウジのような虫だった。

数え切れないほどいる。

蠢いている。

とっさに、土をかぶせ、見なかったことにしてしまった。

視界から消えたものの、私の脳裏にははっきりとその姿が刻み込まれてしまった。

いったいアレは何モノだ?

何かの幼虫に違いないが、だとするといったいどんな姿になって世に出てくるのか。



こわいよ~。
[PR]
by iwasomami | 2007-07-14 00:13 | 動物系