お気にめすまま

ブログトップ

草葉の陰で

先日、兄嫁より、亡き母の満期を迎えた貯金通帳が出てきたとの連絡があった。

「えっ、今頃遺産が・・・」

多分母が忘れていたものなのだろうが、あれほど金銭的にしっかりしていた母が忘れていたとは、よほど少額の通帳だったのだろう、と思った。

案の定、手取り5万円というものだった。

そこで、兄が言うには、
「5万円を4人でわけても12500円。それならいっそのこと、これで宝くじを買わないか?」

「いいねえ。」
と私は即賛成。
他の兄妹達にも異存は無かったようで、さっそく「遺産宝くじプロジェクト」が発足した。

金運の強い母の最後の遺産だもの、ひょっとしたら大当たりが出るかもと、暫し楽しい夢を見させてもらった。

そして発表当日、クジ運の弱い私は、出来るだけ宝くじには触れないようにしていた。

そんな気配りをしたにも拘わらず、最終的に、5万円は7800円になった。

さて、この7800円をどうしたら良いのだろうか、と考えた結果、ロト6を購入するという満場一致の結論に達した。

その発表が本日。

宝くじの割合から計算して、5万円が7800円になったのだから、今度は1216円になってしまうのか、はたまた、まさかの4億円に化けるのか。

もし、1216円になってしまった暁には、今度は何を買うのだろう。

それで失敗すると今度は189円になってしまうのだが。
[PR]
by iwasomami | 2007-07-06 00:35