お気にめすまま

ブログトップ

体質改善

年をとるにつれ、汗をかくようになる、というのが巷での定説になっている。

確かに。
若い頃は、真夏でも汗をかくことはほとんど無く、着物を着ていても、いつも涼しい顔をしている女将さんと言われていた。
もちろん、化粧崩れなど体験したこともなかった。
そして、それが私の体質だと思っていた。

ところがここ数年というもの、汗が滝のように流れるようになった。
しかしすぐ止まり、それ以上はいくら運動しても、熱は籠もる一方で、汗とはならず、頭痛となって現れていた。
そんなわけで、私にとって、汗をかくということは、やがて来る頭痛の前触れのようなものだった。

ところが、キャンプに入隊してからというものそれは、運動している限り止むことなく流れ続け、明らかに体質が変わりつつあると感じている。

嬉しいことに、幾ら汗をかいても、それによる頭痛が起きなくなってきているのだ。

そして今、毎日かく汗に感謝しつつエクササイズに励んでいる。

そうなると今度は、どの部分に汗をかくのかが気になり始め、それとなくチェックしてみた。

先ず、頭の部分に関しては、髪の毛の生え際にかくらしい、ということが判明した。
それが証拠に、ヘアーバンドを付けてみると、顔の部分の汗が極端に減る。

体に関しては、背中と、胸より上、ウエスト部分、肘の内側、そして手のひらに多く汗をかいているのがわかる。

体の不思議を学びながら、エクササイズができる。
やっぱり、「ビリー~」は素晴らしい。

これで、体重、体脂肪が減ってくれると、言うことナシなんだけれど、未だに大きな数字の変化は見られない。
[PR]
by iwasomami | 2007-07-03 23:36