お気にめすまま

ブログトップ

正直辛かった

間違いなく熱があると思って計ってみると、全くの平熱だった時の、あのガッカリ感はなんだろう。
まさに今日がそんな日だった。

懲りもせず、裏山の竹伐採に励み、お風呂に入って一息ついてからというもの、体感的には38度の熱があるような状態だった。

節々の痛み、頭痛、だるさetc.

熱が出たとなれば、大いばりで寝てしまうことが出来るゾ。
そんな女将らしからぬ期待を込めて、計ってみると平熱。
多少の気落ちを感じながら仕事をする。

しかし、以前も書いたように、今日も急には立ち上がれない。
TELが鳴ると、仕方がないので這って行く。
声だけは精一杯の明るさを演出しているが、よもやこんな格好で受話器に向かっているとは思いもしないだろう。

ところが、頭痛薬を飲んでからは、ウソのように体の痛みが消えてしまった。
恐るべし、バファリンプラス。
それとも、自分で思っている以上に体が若いのか。
と思いつつ、腰には二枚のほっかほかを。
[PR]
by iwasomami | 2007-04-16 23:17