お気にめすまま

ブログトップ

やっぱりすごい、韓流ドラマ

「女将さーん、良かったですう、ボロ泣きでしたよー。」
そう言いながら出社したのは、フロントの女の子。

「いやあ、もーう、最高ですう、途中で止められなくて、5時間も見ちゃいました、可愛いんですもん。」
これは昨日の出社時の言葉。

だいぶ前に、兄嫁から借りた「ロマンス」全20話を、彼女に又貸ししていた結果、韓流ドラマのとりこになってしまったようだ。

困るのは、
「彼女が、外国に行くとき、彼に電話をかけてくるでしょう。そこが良いんですよねえ、もう、涙ぼろぼろですよ。」
などと、細部にわたって同意を求めてくること。

私は、だいぶ前に、それも一度に5つのドラマを連続で見てしまった時の一つで、なおかつそのドラマは、少し子度もっぽすぎて、私にとって、さほどのインパクトは感じられなかった作品だった。
だから、今更そんな細かいことを言われても、同じテンションには成りえない。
「そうね、そんな場面もあったかも。」
と相づちを打つのが精一杯、ごめんね。

「あのー。」
彼女の言葉は続く。
「女将さん、あと6話分のテープが無いんですけど。」
「えっ?全巻じゃなかったの?」
「無いんです。このままじや終われないんです。
どうなんですか?彼女が帰国してから、ハッピーエンドになるんでしょうか?
ああーいいです、いいです、言わないで下さい。
でも、ああー、どうなんだろう。」

そんなわけで、兄嫁にTEL。
仲間が出来たと喜んで、なんとすぐ持ってきてくれた。

明日が楽しみだわ。
彼女、喜ぶだろうなあ。
[PR]
by iwasomami | 2007-03-24 00:45