お気にめすまま

ブログトップ

できの悪い子ほどかわいいもんです

昨日急に思い立ち、東京ドームで開催されている洋ラン展に行ってきた。
10時に現地に到着。
まあ、いるわいるわ、平日にもかかわらず、ぎっしりの人人人。
団塊の世代以上のご夫婦、女性グループで、会場はあふれかえっていた。
今後の旅行客の主役はやはりこの年代かと、改めて確信した。

それにしてもランの種類の多いこと、そして立派だこと。
展示されている物みな欲しくなった、たった一つを除いて。

今回、どうしても好きになれなかったのが胡蝶蘭。
それも花数が多く、見事に咲き誇るもの程受け付けなかった。
あまりにも整然と完成されており、少しも奥ゆかしさが感じられなかったせいか。
まるで、「こんなに美しい私を見て!」と言われているような気がした。
そこまで強く自己主張をされてしまうと、ついそっぽを向きたくなるのが、私の悪い癖で、これも一種の僻みかと思いながらも、その側で楚々と咲いている小さなランを幾つか購入した。

大丈夫、いまに綺麗な花を咲かせてあげるからね。
できの悪い子供を持った母親の様な心境である。

因みに、今年も我が家では10種類位のランが咲いてくれた。
どれも不揃いだが、その分味があり、とても愛おしい。
[PR]
by iwasomami | 2007-03-01 23:32