お気にめすまま

ブログトップ

一度お目にかかりたい

決して虫が好きなわけではないが、過去のブログを読み返してみると、虫のことを書いているときのテンションの高さに、今更ながら驚く。

ミジンコ、クモの子、カメムシなど、個性的なやつがいると、つい調べたくなり、結果、予想以上の自然の不思議に感動してしまう。

というわけで、今日は「トゲアリトゲナシトゲトゲ」について。
解りやすく書けば「トゲ有りトゲ無しトゲトゲ」。
漢字で書けば「棘有棘無棘棘」か。
有るのか無いのかはっきりしてくれ、と叫びたくなるような名前のこの虫。
本州にも生息しているらしいが、残念ながら、未だかつて出会ったことがない。

どの様な経過でこの名前が付けられたのか。
・ もとは「ハムシ」という虫の仲間。
・ それにトゲがあるのが「トゲトゲ」
・ 「トゲトゲ」の仲間でトゲが無いのが「トゲナシトゲトゲ」
・ 「トゲナシトゲトゲ」の仲間でトゲが有るのが「トゲアリトゲナシトゲトゲ」

私のようなズボラな人間は、トゲが有るなら、面倒だから「トゲトゲ」で済ませてしまいましょうと考えてしまうが、そこが学者の律儀なところで、どうしても両者を一緒にすることが出来なかったらしい。
お陰で、後々まで私達一般人が混乱するはめになる。
幸い、それほど身近な虫ではないので、混乱は最小限度に押さえられているが、もしこれがその辺にいる虫だとしたら大変だ。

「山に行くときは、トゲアリトゲナシトゲトゲに気をつけましょう。」
「トゲトゲとトゲナシトゲトゲとトゲアリトゲナシトゲトゲに効く殺虫剤を下さい。」
なんて、言っているうちに、トゲが有るのか無いのか解らなくなってしまう。

いっそのことすっかり名前をすっかり変えてみてはいかがだろう。

因みに、これを人間に例えてみると、
・ そもそもは人間
・ 髭がチクチクするのがオトコ
・ 髭がチクチクしないのがオンナ
・ オトコであるが髭がチクチクしないのがニューハーフ

ちょっと無理があるか。
[PR]
by iwasomami | 2007-02-17 00:31 | 動物系