お気にめすまま

ブログトップ

明かりが欲しい

本日お泊りの70歳ぐらいの女性一人のお客様。
この方はお馴染みのお客様で、ご主人と何度もお泊りいただいているが、たまたま今日は、ご主人の都合がつかず、お一人でのお泊りとなった。

その女性がお一人で、某旅館にお泊りになった時の話。

その方の息子さんが、良かれと思って予約をとってくれたのは、とても人気のランプの宿。
その名の通り、部屋にはランプが。
廊下や、お風呂場にももちろんランプ。
3畳の部屋で、テレビは無く、布団は自分で敷くシステム。
食事は広間で、ほかの方と一緒に食べる。

う~ん。これはきつい。
私だったら、お金をを支払ってもキャンセルしただろう。
狭いことや、布団を自分で敷くことに関しては、ありゃりゃと思いながらもクリアーできるだろうが、ランプの薄暗さは我慢できない。

考えても見て。
たった一人で、ランプの灯りの中、テレビも無く、本も読めず、かといって、夜、眠れなくなる恐怖を思えば、そんなに早く布団に入るわけにも行かず、ただじっと部屋の中にいる私。

気分を変えて、お風呂に行けば、再びランプの灯りが。
大きなお風呂の隅の方までは届かない灯り。
先客がいることも知らず入り、出会った時の驚きは推して知るべし。

その行き帰りの廊下にはしつこい様だが、またもやランプ。
長い廊下のところどころだけがぼ~っと明るく、それ以外は薄暗い。
知らず知らずに小走りになってしまう私。

やっとのことでたどり着いたランプの置かれた広間には、すでに、何組かのお客様が、グループ同士、楽しそうに食事をしている。
そんな中で、たった一人でとる食事の侘しいこと。

ああ、だめだ。私には耐えられない。

その女性も泣きたくなったが、息子の好意を思えば帰るわけにもゆかず、我慢我慢で過ごしたとのこと。

そんな旅館が一概に嫌いだというつもりは無いが、少なくとも女性の一人旅には適さないと思う。
まして怖がりの私は、たぶん拷問に等しい時を過ごすことになるだろう。
[PR]
by iwasomami | 2007-01-11 00:05