お気にめすまま

ブログトップ

私の護身術

花屋の花よりも、野に咲く花が好きである。
花だけでなく、葉っぱでも、極端な話、枝だけでも良い。
無理矢理まっすぐに矯正されたものより、自由奔放にあちこちに曲がった自然のものが面白い。

そんなわけで時々一人で山に出かける。

しかし、何かと物騒な世の中、何処にどんな悪い人がいるかもしれないと、常日頃から、充分な注意を怠らない。
先ず、車から5m以上離れない。
エンジンは掛けたままにしておく。
車道からはずれない。
そして当たり前だが手にはハサミを。

ところがその日は魔が差した。
山の陰に毎年シュンランの花が咲くことを思い出してしまったのだ。
迷ったあげく、シュンランの魅力に負けた。
その代わりに、トゲのいっぱいついた1mほどのイバラの枝を持つことにした。

万が一の場合、ハサミだけでは敵との距離が近すぎて、私が負けることは明白だろう。
そんな時活躍するのがこのイバラ。
これで敵をめった打ちにしてやるんだ。

準備は整い、いざ出陣。
山陰に入ると、思った通りシュンランは花盛りだった。
夢中で摘んでいると、出た。
ジャージを着た中年のおじさんが出た。距離にして5m位か。
花摘みに専念していたあまり、こんな近距離に来るまでちっとも気づかなかった。

気づかれないようにイバラの枝を・・・あれ?・・ない。
手に持っているのは花ばかり。
どこかに落としてきてしまったのだ。
そうこうしているうちに敵はどんどん近づいて来る。
こうなったら腹をくくるしかない。
そして案の定敵が声を掛けてきた。

「何やってんの」
「花を摘んでるんです」
「一人?」
「いえ、3人で来たんですが、そのへんに居るはずだけどすれ違いませんでした?」
「いや、居なかったな」
「何しをしてるんですか?」
「散歩」

そう言って敵は去って行った。(おじさん、悪人に仕立て上げてごめんなさいね)

ああ怖かった。
でも、イバラを武器にするって良い考えでしょ。
いざというとき持ってればの話だけれど。

因みに83才になる義母は、枕元に木刀を隠し持ってます。
[PR]
by iwasomami | 2006-11-30 22:39 | こんな私