お気にめすまま

ブログトップ

私の自慢

福島の片田舎で育ち、そのすぐそばの地方都市に住んでいる。
じぶんの言葉になまりがあると、最初に気づいたのは、高校生になって、電車通学を始めた頃。
たかが3駅東京に近づいただけなのに、
「わー、みんな標準語を話している。」
と怖じ気づいた。
今思えばしっかり福島弁だったのに。

その後、東京に出てきたが、その時はもう開き直るしかなかった。
最初に出来た友達が千葉出身で、自分よりなまっている人に始めて出会った、と言って喜んでいたのが懐かしい。私からすると、彼女の話し方は標準語にしか思えなかったのに。


この辺の言葉は、語尾が上がって、聞き慣れない人には、喧嘩をしているように聞こえるらしいが、どういう訳か、私は今までそう言われた事がない。
幸せな事に、大概の人が、気持ちの良い話し方だと褒めてくれる。

旅館の仕事は、電話での応対が最初の印象を決める上でとても大事なので、とても有りがたい事である。
最近、体のあちこちに老化現象が現れてきている私にとって、これが最後の砦かも。


福島弁、というか、いわき弁てどんな?と思っている方、ぜひ映画「フラガール」の蒼井優さんの言葉を聞いてみて下さい。
とても自然ないわき弁になっています。
[PR]
by iwasomami | 2006-09-10 23:49 | こんな私