お気にめすまま

ブログトップ

意外な共通点

男兄弟の中の女一人として育ち、子供の頃は自由に野山を駆け回って遊んでいたせいか、大概の虫にはあまり驚かない。
もちろん中には気持ちが悪いと思う虫もいるし、体に害が及ぼす虫は退治しなければならないとは思うが、声を上げるような事はない。

「キャー、ム、ム、虫」一度、こんな風に女らしく叫んでみたいものだが、実際は、せいぜい「ン、オット」位しか言った事がない。

気味悪くはないが、困った虫の一つに蜘蛛がいる。  蜘蛛の巣さえ貼らなければ、そっとしておくのだが、奴は大変な働き者で、半日もしないうちに、見事な蜘蛛の巣を編み上げてしまう。仕方がないので、せっせと退治する事になる。

まず、親蜘蛛を退治し、蜘蛛の巣を掃除する。次に、蜘蛛の住みかを除去するのだが、運悪く蜘蛛の子が居るときに出くわすと大変な事になる。
突然、何百匹という蜘蛛の子が、一斉に飛び出してきて、それこそ蜘蛛の子を散らすように四方八方に散らばっていく。まるでスパイダーマンのように飛ぶ。
折り悪く、丁度その時6階の窓を半身乗り出す格好で拭いていたが、さすがに、危うく窓から落ちそうになった。

それに懲りて、次回からは、まずチョンチョンとお家をノックし、留守なのを確認してから行動するようにしている。まさに空き巣ねらいの状態である。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-31 16:30 | 動物系