お気にめすまま

ブログトップ

なるようになる

幼い頃からの勉強好きが高じて(ウッソ)10歳の頃にはもうすっかり近視になっていた。
それから早*十年。
コンタクトレンズとの併用ながら、メガネは体の一部となり、普段なんの不便も感じた事はなかった。

ところがここに来て、私のメガネライフに陰りが出始め、メガネがじゃまになる時が出てきた。

俗に言う「老眼」とやらが忍び寄ってきたようだ。

近視の人が老眼になると、近くを見る時に、メガネを外さなければ見えにくくなる。
お陰で、メガネを探す回数が増えてきた。

「ふーん、老眼になるって、こういう事なのか。」
未知の出来事が自分におきた時、わりあいスッと受け入れる性分らしい。
口では、
「いやねえ、老眼になっちゃって。」
なんて言ってるくせに、実際はそんなに悲観はしていない。逆に、老眼になった私を演じて楽しんでいる私がいる。

昔、ある女優さんが、
「私は、今までどんな逆境にあっても、自分自身を、そういう演技をしている女優なのだと思いこんできた。けれど、死に行く人の気持ちが解らなかったので、その役だけは演じる事ができなかった。でも、これでやっとわかった。」
と言って亡くなった。

出来る事なら、そんな風に年をとって行きたいものだ。
私は今、老眼になったばかりのおばさんの役を演じているいる、女優です。
さて、次はどんな役がまわってくるのやら。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-27 20:37 | こんな私