お気にめすまま

ブログトップ

年頃の娘を持つと・・・

今日で学生さん達の滞在9日目。こんなに長く同じお客様がお泊まりすると、自ずとその中でお気に入りが出来てくるものだ。
もちろん、年頃の娘を持つ母親として、婿殿の理想像があり、それが基準になる。

それとなく娘に尋ねてみたが、驚いた事に、私とは全く好みが違うらしい。

そんなことを、「イルカはクジラの子」の彼女(彼女については、6月17日のブログを見て下さい)に話すと、
「良かったですね、娘さんとだぶらなくて。」
と言われた。どういう意味?もうそこまで気は若くないですよ。

そういう問題ではなく、出来ればだぶって欲しいと思っている、いや、だぶってくれないと困る。
でないと、実際娘が彼氏を連れてきたとき、悩んでしまうではないか。

以前も、娘と理想の男性像について話し合った事があったが、一つ一つの理想は合っているのに、なぜ総合すると違う男性像になってしまうのか。

外見は私の理想で、内面は娘の理想の婿様。これが私の妥協案である。
[PR]
by iwasomami | 2006-08-18 00:07 | 旅館の話