お気にめすまま

ブログトップ

私もゆっくりと進化してるはず

今日、TVでシーラカンスの特集を放映していた。
今までは、約4億年前から進化が止まっている生きた化石、としての認識しかなかったが、実に興味深い生き物である、ということがわかった。
シーラカンスとはギリシャ語で、「中空の背骨」を意味し、背骨の中には、液体が詰まっていること、魚類と、脊椎動物の間に分岐している事など、大変神秘的な魚である。

5月31日、その神秘の生き物の撮影に成功したのが、我が町の水族館「アクアマリンふくしま」の調査団である。
その時の映像も流されたが、その姿からは、4億年も前から進化がストップしているとは思えない程、堂々とした風格が感じられる。
そのシーラカンスに会いたい人は、是非アクアマリンにおいで下さい。商業目的の取引が禁じられている為、残念ながら、実物にはお目にかかれないが、65インチのプラズマモニターによる、実物大のシーラカンスに会えるはず。

因みに、以前ブログに書いた私との共通点の一つに、尾びれにかけてのしまりのなさが揚げられる事が判明。
シーラカンスが実にゆっくりと進化をしているとすれば、私も、このブログを通して、どう進化してゆくのか、どうぞ長い目で、見守っていて欲しい。

今日は、夏休み特集の第2弾として、「アクアマリンふくしま」のコマーシャルをさせて頂きました。


アクアマリンのホームページ  こちら


[PR]
by iwasomami | 2006-07-27 23:45 | 動物系